AOI Brewing(アオイブリューイング):限定コラボビール「真赭の愛(まそおのあい)」を樽で飲みました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は静岡県は静岡市にある『AOI Brewing(アオイブリューイング)』さんより、限定醸造コラボビールの「真赭の愛(まそおのあい)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。東京は国立にあるビアバーで、CRAFT! KUNITA-CHIKA(クラフト クニタチカ)さんとのコラボビール。トマトを使用したとの事ですが、さてどんな感じでしょうか?…気になります( ´∀`)

ビール名:真赭の愛(まそおのあい)
ブルワリー名:AOI Brewing(アオイブリューイング)
ビアスタイル:セゾン
アルコール度数:5.0%
IBU:4
URL:AOI Brewing(アオイブリューイング)
facebook:AOI Brewing(アオイブリューイング)

コチラがその「真赭の愛(まそおのあい)」のビール画像です。

アオイブリューイング(真赭の愛(まそおのあい))

見た目は、クリアでモルトのレッドXらしい赤色が出てますね。
香りは、あまり感じないのだが…トマトさんはいませんwww。
飲み口は、ホップの苦味は喉奥で僅かに感じるがかなり控えめ。それよりスパイシーさが引き立ちすぎてトマトさんが消えてる印象。また脳に捜索願いを出しましたが、トマトさんの存在はどこにも感じれなかったなぁ。ボディはライトでしたが、スパイシーな部分が気になり、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

えっと、この「真赭の愛(まそおのあい)」ですが先ずビール名の「真赭(まそお)」。日本伝統色のひとつで“純度の高い赤”、“混じり気のない赤”を意味するようですねφ(..)メモメモ。という事で、東京都多摩地域にある3軒の農家さんが育てた新鮮なトマトでフレンチセゾンを仕込んだ様です。また、ホップはマンダリナバーバリアを主にスティリアン、ソラチエース、レモンドロップも使用。柑橘系の香りの組み合わせで味を引き締めるのが目的との事です。

因みにfacebookには、“トマトだけだと旨味が強くのっぺりした印象になる”との事でスパイシーさ等を出して工夫をされた様ですが、スパイシーさが特に強く出てカラメル感がやや出てる感じで、肝心なトマトさんの存在をほぼ感じれなかったがもう少しトマトさんの存在を残してもらえると良いかな?と思いましたが残念。まぁ、ビールにトマト…好みになりますがビアっぷる的にはトマトが強めに出てなくって良かったのは本音ですけどね^^;

はい、という事で今回は静岡県は静岡市にある『AOI Brewing(アオイブリューイング)』さんより、限定醸造コラボビールの「真赭の愛(まそおのあい)」をご紹介しました。皆さんも機会があれば是非一度飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る