【和歌山】Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング):ENGLISH IPA(イングリッシュ IPA)を樽で飲みました~

NomCraft Brewing(ロゴ1)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、和歌山県は有田郡にあるNomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)さんから、「ENGLISH IPA(イングリッシュ IPA)」を樽で飲みましたでご紹介したいと思います。ビアっぷる的にあまり飲まないビアスタイルですし、Hazyではないビールという事でどんな感じになってるでしょうか?( ´∀`)

ビール名:ENGLISH IPA(イングリッシュ IPA)
ブルワリー名:Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)
ビアスタイル:American English IPA
アルコール度数:5.7%
IBU:57
URL:Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)
facebook:Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)

コチラがその「ENGLISH IPA(イングリッシュ IPA)」のビール画像です。

NomCraft Brewing(ENGLISH IPA)

見た目は、透け感のない茶色という感じでしょうか。
香りは、モルトが引き立ってるがホップの香りとのバランスが微妙で苦手…。
飲み口は、ホップは大半が消えておりモルトの方がかなり前面に出てる印象で苦味はほとんどない。またモルトの甘さもそこまで感じれず、馴染むというよりは無理矢理な気がしてバランス的にはこれでいいのかな?…。ボディはミディアム寄りのライトで飲み進まなかった…残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

この「ENGLISH IPA(イングリッシュ IPA)」ですが、一応インスタグラムに上がってた良い感じの画像。

NomCraft Brewing(ENGLISH IPA)_イメージ1

ちょっと気になるのは左側の下部にある数値のIBUは40ですが、右側の手書きは57…うーんどっちだろうか?きっとこういう細かいことは気にするな。という事でスルーしますwww。

で、ビールですが簡単に言うとアメリカとイギリスのいいとこ取りって感じのハイブリッドIPAというやつですかね?使用されたホップは…前回同様わからないなぁ。ただイギリス産のモルトとアメリカ産のホップがシトラス系という事で、西欧どちらも楽しめるビアスタイルを“アメリカンイングリッシュIPA”と呼んでるそうです。味的にはバランス良く混じり合っているというよりは、どうもケンカしてるように思えてるのですが、好みは人それぞれで好みという方も当然いらっしゃると思います。新たなビアスタイル的なものも良いのですが、初となると特に記憶に残るのでやはりリスクも伴います。結論ビアっぷる的には余程でない限り、アメリカはアメリカ系でイギリスはイギリス系がいいかなぁ~と、思いました(^_^;)

はい、という事で今回は和歌山県は有田郡にあるNomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)さんから、「ENGLISH IPA(イングリッシュ IPA)」をご紹介しました。もうノムクラフトさんのび~るはアチコチで飲める感じなのかな?
皆さんも機会があれば、是非飲んで自身の舌で確かめてみてくださいね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベント等を紹介しています。そして毎日更新しているのでツイッターでもいち早く確認できます。ビールの感想に関しては舌は十人十色です。自身の舌で確認してくさいね!また、人気ブログランキングにて、クリックしてサイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になり非常に助かります!ので、良ければご協力お願いします♪♪

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約9年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手さんのビールが苦手でビールそのものも嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは基本的に好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに、全世界のビールファンが1人でも多く日本国内のクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 待ってましたよ…今年も販売して頂けますかサ…
  2. タカシヤマクラフトビール祭り2019(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 さて、今回はもう来週に迫った感じですがビア…
  3. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、先日発売されたヤッホーブルーイング…
  4. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、東京は銀座でOPENした“クラフト…
  5. 宮崎ひでじビール(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、宮崎県は延岡市にある『ひでじビール…
ページ上部へ戻る