【秋田】龍角散×田沢湖ビール:「DRAGON HERB BLACK(ドラゴンハーブブラック)」を樽で飲んでみました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、秋田県仙北市にある田沢湖ビールさんから以前にご紹介させて頂いた、、『ゴホン!と言えば、龍角散』さんとのコラボビール第2弾となる「DRAGON HERB BLACK(ドラゴンハーブブラック)」を樽で飲んだので紹介したいと思います。第一弾を飲めてなかったのですが、念願でしたがやっと飲めましたwww。いやぁ、どんな感じか想像をしていましたが果たして想像と合ってるかな?^^;

龍角散×田沢湖ビール(DRAGON HERB BLACK)_イメージ1

ビール名:DRAGON HERB BLACK(ドラゴンハーブブラック)
ブルワリー名:田沢湖ビール
ビアスタイル:ダークラガー
アルコール度数:5%
IBU:34
URL:田沢湖ビール
facebook:田沢湖ビール
※詳細は公式サイトで確認下さいませ

コチラが「DRAGON HERB BLACK(ドラゴンハーブブラック)」のビール画像ですね。

田沢湖ビール×龍角散(DRAGON HERB BLACK)

見た目は、クリア感がなく黒!って感じですね。
香りは、龍角散の香りが嫌味なく出ておりハーブの爽やかさがいいですね。
飲み口は、開口一番に味が“龍角散”!とう感じでホップの苦味はほとんど感じなかったですね。また、フレーバーも“龍角散”!そしてボディはライトでの飲みやすく、更に追い“龍角散”!って感じでなんですが、この程よくスッと消える感とハーブ感のスーッとする感が何げにビアっぷるは好みな上に、本当にドリンカビリティさが止まらないwww。炭酸が強めなのは気になったのと、求めてる甘さはなかったもののこれは非常に好みなビールでした( ´∀`)

この「DRAGON HERB BLACK(ドラゴンハーブブラック)」ですが、ホップはわからずです。が、以前のブログで書いた様に第一弾に比べ第二弾の方が告知が少ないのが勿体なく感じる…。冒頭に記載した通り龍角散さんを想像して飲んでみましたが、いかんせん良い意味で期待を裏切らた感じで、ドリンカビリティさを感じる程のバランスで凄く好みなビールと予想以上の味でした☆。ただ香りが龍角散さんとのコラボと聞いてただけに、“龍角散の香り”と判断したものの、これ知ってなかったら何と思っただろうか?先入観がなければ…と、ビアっぷる的に気になって仕方ないところですがもうどうにもならない…(^_^;)

いやぁ、勝手ながら龍角散のイメージは、おじいちゃんやおばあちゃんが粉末で飲んだり、飴を舐めたりという認識のビアっぷるでしたが、まさかのビールとのコラボは想像もしてなかったなぁ。ええ、タイミングが合えば樽で何度も飲みたいと思ってるビアっぷるですが、第一弾のヴァイスを飲んでないビアっぷるは惜しい事をしたかも…そして第三弾があるのか!?と期待しちゃうビアっぷるでした( ´∀`)

はい、という事で今回は秋田県は仙北市にある『田沢湖ビール』さんが龍角散さんとの限定コラボしたビール、「DRAGON HERB BLACK(ドラゴンハーブブラック)」をご紹介しました。樽で飲める環境は未知ですが、皆さんも機会があれば是非飲んでみて欲しいビールですね! 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る