【和歌山】ナギサビール:「MIKAN AKE(みかんエール)」を樽で飲んでみました~

ギサビール(ロゴ1)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、ビアっぷる的にも意外でしたがこのブログでは初登場となります。和歌山県は西牟婁郡にある『ナギサビール』さんから「MIKAN AKE(みかんエール)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。ナギサビールさんといえば…ええ、これは後に紹介するとして先ずはフルーツビールになりますがご紹介です( ´∀`)。

ビール名:MIKAN AKE(みかんエール)
ブルワリー:ナギサビール
ビアスタイル:フルーツビール
アルコール度数:5.5%
IBU:???
サイトURL:南紀白浜ナギサビール
facebook:南紀白浜ナギサビール
※限定醸造カテゴリにいれます

こちらがその「MIKAN AKE(みかんエール)」のビール画像です。

ナギサビール(みかんエール)

見た目は、みかんという感じのオレンジだが意外に濁り気味かな。
香りは、優しいみかんがほのかに感じるが思ったより控えめ。
飲み口は、ホップの苦味はないに等しく求めてる甘さもなかったかな。また、ビール名の如くみかんのフレーバーもしっかりで舌や喉でも余韻として残り爽やかさが全開ですがジュースっぽくなく、ビールとしてバランスも素晴らしくコクもしっかり感じれるのはさすがですね。ボディはミディアム寄りのライトでとても飲みやすく、真夏にはスイスイ飲めるし飲みたくなるビール。ビアっぷるの好みな方のビールでした^^

ナギサビール(みかんエール)_タップ

タップが可愛いこの「MIKAN AKE(みかんエール)」ですが、ホップは…探せど記載が見つけられる断念。また、紀州の早和果樹園さんの特選高級みかん果汁と皮を加えてできたフルーツビールの様ですが、創業20周年という事で醸造されたビールなのかもう定番に近い状態で提供されてたんですね…知らなかった(^_^;)。気になる特選高級みかん果汁というのが“味まろしぼり”という糖度11度以上の果汁を使ってる?様で、調べて見たらこれは結構お高めwww。まぁ、和歌山県と言えば色々あるかもですがやはりミカンは昔から。贅沢なみかんビールという事ですね~。また、みかんの果汁はともかく“皮”も使われてる様だが、ビアっぷるにはエグみを感じさせない味にジュースっぽさがないのが好みになったポイントでしたので
また機会があったら飲みたいと思ったビールですね!( ´∀`)。

そして、久しぶりに飲んだナギサビールさんの話を少しだけ。クラフトビールを飲み始めた頃はよく飲んでました、特にゴールデンエールが好みでしたね。が、ビアっぷる的にナギサビールさんと言えば超短期間で飲めなくなった『メルツェン』…これに尽きます。メルツェンってこんなに美味しいの!?と思ったのを覚えてますし、後で知った事で内容には触れませんがもう飲めない事もわかりました。今でもビアっぷるの中のメルツェンとしては過去1位、2位に匹敵する好みなビールでしたし、本当に衝撃的で素晴らしかったメルツェンは今でも心に残ってます。あのメルツェンを超えるビール…国内のブルワリーさんでどこか醸造してくれないかなぁ?と、淡い期待を持ちつつ、今後もクラフトビールを飲んでいこうと思うビアっぷるでした。

はい、という事で今回は、和歌山県は西牟婁郡にある『ナギサビール』さんから
MIKAN AKE(みかんエール)」をご紹介しました。1997年に醸造を開始され、2015年に新工場も立ち上げたブルワリーさんです。他のビアスタイルも含め皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね! 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る