【長野】Kamoshika Cidre Brewery(カモシカシードル醸造所):「La 1ere saison Brut 2019」をボトルで飲みました~

kamoshika cidre brewery(カモシカシードル)_ロゴ01

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、長野県は伊那市にある『Kamoshika Cidre Brewery(カモシカシードル醸造所)』さんから、「La 1ere saison Brut 2019」で辛口のハーフボトルを飲んだのでご紹介したいと思います。ビア仲間からのプレゼントでしたがシードルはあまり飲まないビアっぷるも、背景を聞いたら気になったので飲んでみましたよ~( ´∀`)

kamoshika cidre brewery_イメージ01

シードル名:La 1ere saison Brut 2019(辛口)
醸造所名:Kamoshika Cidre Brewery(カモシカシードル醸造所)
スタイル:シードル
アルコール度数:7.0%
URL:Kamoshika Cidre Brewery(カモシカシードル醸造所)
facebook:Kamoshika Cidre Brewery(カモシカシードル醸造所)

コチラがその「La 1ere saison Brut 2019」のシードル画像です。

kamoshika cidre brewery(La 1ere saison Brut 2019)_01
kamoshika cidre brewery(La 1ere saison Brut 2019)_02
kamoshika cidre brewery(La 1ere saison Brut 2019)_03

グラスは諸事情によりどうにもならずで、気にしないで下さいませ><
見た目は、程よい透明感から薄めのりんごジュースな感じでしょうか。
香りは、りんご感がふわ~っと優しく感じながら酸味も少々。飲み口は、りんごの酸味が予想以上に強めで且つドライかな。辛口というだけあって甘さはなくスッキリで飲みやすい。またアルコール度数6.0%と程よい感じなのだがいかんせん酸っぱめ。ビアっぷる的にはやはりりんごの甘さがほしいだけに残念ながら好みではありませんでした^^;

この「La 1ere saison Brut 2019」ですが、2019年に収穫された早生のリンゴ品種、「津軽」と「シナノレッド」、青リンゴから「グリーンスリーブス」、そして「祝」をブレンドして醸造された様ですね。あまり飲む機会がなく、正直情報には疎いが興味はある。今回のシードルは辛口で糖度はないものの非常に爽やかな酸味がありながらシャンパンの様な飲み口でした。という事でこれ以上このシードルで書けないのでざっくりですがカモシカシードルさんの事を。

2016年に誕生したカモシカシードルさん。第3回の『Fuji Cider Challenge 2019』にて、出店された『La 2e saison Doux 2018』が2部門で最優秀賞を受賞された様ですね。また、シードルの他にもいちごのスパークリングワインやりんごジュース、そしてポワレ等も造られてる様です。

様々な種類がある様ですが、ちょっと気になったのはこの赤いシードル。

kamoshika cidre brewery_Rose2019_イメージ01

『Rose 2019』というシードルで、信州大学農学部の教授が開発したという“赤い果肉をしたリンゴ”の、「ハニールージュ」を使用して醸造された赤色のシードル。甘口という事で、甘酸っぱい感じでアルコール度数6.0%は好みだろうなぁ~と思いつつ、お値段3,300円とはなかなかなお値段。で、ビアっぷるにはまだわからない非常に価値の高いりんごを使ったという事でしょう。ただ、クラフトビール同様嗜好品ですから値段が高いという事より、興味をそそられれば即買いの一品でしょうね!数量限定とは思われますが、『カモシカシードルショップ』というネットショップもあるので興味のある方はぜひコチラで購入してみてはいかがでしょうか( ´∀`)。

はい、という事で今回は、長野県は伊那市にある『Kamoshika Cidre Brewery(カモシカシードル醸造所)』さんから、「La 1ere saison Brut 2019」で辛口のハーフボトルをご紹介しました。シードルはあまり飲まないのですが、今後益々売れてきそうな気がするシードル屋さんと思いましたし、これを機に少しずつ飲んでいこうかなぁ~☆皆さんも機会があれば、是非飲んでみてくださいね! 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事でクラフトビールを飲んだ後は、独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介しています。よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. TDM 1874 Brewery(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、神奈川県は横浜市にある『TDM 1…
  2. 8Peaks Brewing(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、長野県にブルワリーさんが多いなぁ~…
  3. 南横浜ビール研究所(ロゴ)1
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は神奈川県横浜市にある『南横浜ビ…
ページ上部へ戻る