【山梨】ファーイーストブルーイング:「馨和 KAGUA(ジャパニーズ シトラス セゾン)」をボトルで飲みました~

Far Yeast Brewig_logo1

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、山梨県は北都留郡にある『Far Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング)』さんから、「馨和 KAGUA(ジャパニーズ シトラス セゾン)」をボトルで飲みましたのでご紹介したいと思います。新型コロナの影響で、自宅待機という事からなかなか見つからなかった…が、既に購入済みでしたのでボトルのご紹介です。過去に1度だけボトルで飲んでかなり好みなビールでしたので、これを機に再度飲んでみました( ´∀`)

『Far Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング)』馨和 KAGUA(ジャパニーズ シトラス セゾン) 詳細

ビール名:馨和 KAGUA(ジャパニーズ シトラス セゾン)
ブルワリー名:Far Yeast Breweing(ファーイーストブルーイング)
ビアスタイル:セゾン
アルコール度数:6.0%
IBU:???
URL:Far Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング)
facebook:Far Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング)

コチラがその「馨和 KAGUA(ジャパニーズ シトラス セゾン)」のビール画像です。

Far Yeast Breweing(馨和 KAGUA-セゾン)_ボトル01
Far Yeast Breweing(馨和 KAGUA-セゾン)_ボトル02

「馨和 KAGUA(ジャパニーズ シトラス セゾン)」飲み応えレビュー

見た目は、薄濁りのブラウン系という感じでしょうか。
香りは、柚子が強く出てきた後に程よいジューシーさを感じるのがGOOD。
飲み口は、ホップの苦味は殆ど感じませんでした。また求めてる甘さ?というより何か加糖された様な甘さを感じるが言い切れない。炭酸か?それとも山椒か?という感じで舌が少しだけピリピリするが、スパイシーさは程よくで柚子のフレーバー、そしてフルーティーさがうまく調和し余韻もしっかり浸れる。ボディはミディアムでも凄く飲みやすく、コクもある素晴らしさ。ボトルでもこれはビアっぷるの好みなビールでした^^;

Far Yeast Brewing(イメージ)_01

この「馨和 KAGUA(ジャパニーズ シトラス セゾン)」ですが、ホップは…わからないなぁ。で、柚子は高知県馬路村産、そして山椒は和歌山県有田川町産を使われてる様ですね。また原材料には“糖類”とありますので何か加糖されてるようで、あの甘さはビアっぷるの“求めてる甘さ”の方ではありませんでしたが好みな甘さ。見た目のボトルラベルの色味も好みですし、味的に女性ウケする味だと思いますよ。

馨和 KAGUA(ジャパニーズ シトラス セゾン)がなかなか見つからない…

ここからはクラフトビールはまだ“嗜好品”という事で悪しからずですが、ファーイーストさんのビールでなかなか好みなビールが…ポイントは、“ホップの苦さ”と“水っぽさ”の2つ。特に前者はともかくボディが欲しいビアっぷるには飲み応えが欲しいだけに残念ながらなかなか合わないのが残念。ただ、ルージュもそうですがこのベルギーで醸造された“KAGUAシリーズ”はボディがしっかり。その中でも特にセゾンは別格に好みと思いました。コレは偶然ですが、とあるビアバーの店長さんにボトルでプレゼントを頂いたのがきキッカケでした。とあるイベント中だったという事から長時間冷蔵されてないのを持ち帰り、その後冷蔵して飲んでも美味しい!と感じたあの瞬間はインパクト大!で未だに忘れられません。今回同様コクもあったし、香りも華やかでミディアムくらいのボディがたまらないんですよね~

で、そのインパクトから数年前に渋谷の『Far Yeast Tokyo Craft Beer & Bao』にお邪魔したがまさかの樽のセゾンはなかった、ビアバーでもセゾンはほとんど見かけない、更に大きいビアイベントでもファーイーストさんのブースで聞くが一度も巡り合ってない、その上今回は自粛要請があっての“宅飲み”でしたので、百貨店に行って購入をと思うも他2種類はあるがセゾンだけがない…やっと別の箇所で見つけたという状況でしたwww。樽は過去1度しか飲めてなく、今回ボトルでもなかなか手に入らないのは好みな1人としては残念。とはいえ今回を機にやはり好みな事を改めてわかりましたので、自粛要請の中で迂闊には動けませんが、樽で飲める箇所があれば再度飲みたいと思いました( ´∀`)

はい、という事で今回は、山梨県は北都留郡にある『Far Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング)』さんから、「馨和 KAGUA(ジャパニーズ シトラス セゾン)」をご紹介しました。因みにこのラベルの色味も好みですが、女性ウケもしそうなビールです。皆さんももし飲める機会があれば是非飲んでみて欲しいですね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る