【静岡】ウエストコーストブルーイング:「ナウ・ユー・シー・ミー」の新バッチを樽で飲みました~

ウエストコーストブルーイング(ロゴ1)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんの、「Now You See Me(ナウ・ユー・シー・ミー)」の新バッチを樽で飲みましたでご紹介したいと思います。因みに前回は2019年の11月に飲んでますが、当時は求めてる甘さがなく好みではなかったようですが今回はホップも少し変わった様ですのでどんな感じか楽しみです( ´∀`)

ウエストコーストブルーイング(ナウ・ユー・シー・ミー)_イメージ01NEW

『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』Now You See Me(ナウ・ユー・シー・ミー) 新バッチ詳細

ビール名:Now You See Me(ナウ・ユー・シー・ミー)
ブルワリー名:West Coast Brewing(ウエストコーストブリューイング)
ビアスタイル:Hazy IPA
アルコール度数:7.0%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)

コチラが「Now You See Me(ナウ・ユー・シー・ミー)」の新バッチビール画像です。

Now You See Me(ナウ・ユー・シー・ミー)」新バッチの飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある明るめなオレンジ黄色かな。
香りは、ホップの華やかさとトロピカルな感じがさすがです。
飲み口は、ホップが一部変わった?様ですが、苦味は想定より控えめでモザイクさんがひょっこり顔を出すもスッと消えるかと思いきや消えないが違和感を感じない絶妙感が有り難い。また求めてる甘さも微かに感じるが好み的にはもう少し甘さが欲しい。とは言え、ジューシーさも当然ながらトロピカル感が特に際立っており毎回レベルが違うビールで素晴らしいのは百も承知。ボディはヘヴィ寄りのミディアムで飲み応えがありながらも凄く飲みやすい。ただ甘さが欲しいビアっっぷるには残念ながら前回に続き好みではありませんでした^^;

この「Now You See Me(ナウ・ユー・シー・ミー)」の新バッチですが、ホップはエクアノットに、カシミア、そして苦手なモザイクホップさんとここまでは昨年飲んだ2019と同様ですが、そこへ新バッチはギャラクシーも加わった感じなのかな?全体的にトロピカル感が凄くました感じはするが、『Now You See Me 2019(ナウ・ユー・シー・ミー)』と比べてもやはりビアっぷるが求めてる甘さが足りないと感じた。まぁ、ウエストコーストブルーイングさん全体でビールが全部甘くても意味がないですし、このくらいの甘さでも好みは人それぞれですからね。当然ながら大人気なヘイジーIPAというのも十分理解できます。また、ビアっぷるは好みでないとは言ってもビールレベルが違い過ぎて毎度納得してしまうので、素直に、そして迷わずパイントを頼むビアっぷる(^_^;)

未だ飲めていないコレを“樽”で飲みたい…

あ、話は変わりますが今回は毎度ご紹介しているWEBフライヤータイムは冒頭に紹介したので省きますが…缶では見かけるものの樽で販売されてるかもわからない、そしてまだ飲めていない

ウエストコーストブルーイング(ザ・テクニシャン)_イメージ01NEW

The Technician(ザ・テクニシャン)』コレが飲みたい…ええ、ホップさんももうビアっぷるが飲む前からGOOD!と言ってますし、ビアスタイルがケトルサワーという事で京都醸造さんやMarcaさんのサワーを最近飲んで色々と考えさせられる事も多かったの。ここはウエストコーストブルーイングさんのケトルサワーをできれば缶ではなく、樽販売されてるならば是非パイントで飲んでみたいのだが…樽で出なければ諦めるが樽で出てくる事を願いつつ、グッと我慢です(。>﹏<。)

はい、という事で今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんの、「Now You See Me(ナウ・ユー・シー・ミー)」の新バッチをご紹介しました。相変わらずハイレベルなビールを提供するブルワリーさんですが、皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事でクラフトビールを飲んだ後は、独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介しています。よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. Marca Brewing(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、大阪は北堀江にある『Marca B…
  2. 南横浜ビール研究所(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は神奈川県横浜市にある『南横浜ビ…
  3. 南信州ビール_ロゴ01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、長野県は上伊那郡にある『南信州ビー…
ページ上部へ戻る