【アメリカ】レヴァレンドナッツハードサイダー:「ビバラ パイナップル」を缶で飲みました~

レヴァレンドナッツ(ロゴ1)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、アメリカはオレゴン州ポートランドの『Reverend Nat’s Hard Cider(レヴァレンドナッツハードサイダー)』さんから、「Viva La Pineapple(ビバラ パイナップル)」を缶で飲みましたのでご紹介したいと思います。パイナップルを使ったハードサイダーとの事で、興味津々で飲みました( ´∀`)

レヴァレンドナッツ(トップイメージ)_02

『Reverend Nat’s Hard Cider(レヴァレンドナッツハードサイダー)』Viva La Pineapple(ビバラ パイナップル) 詳細

サイダー名:Viva La Pineapple(ビバラ パイナップル)
醸造所名:Reverend Nat’s Hard Cider(レヴァレンドナッツハードサイダー)
原産国:アメリカ
スタイル:Hard Cider(サイダー)
アルコール度数:6.0%
facebook:Reverend Nat’s Hard Cider(レヴァレンドナッツハードサイダー)

コチラがその「Viva La Pineapple(ビバラ パイナップル)」のサイダー画像です。

レヴァレンドナッツ(ビバラ パイナップル)_缶01
レヴァレンドナッツ(ビバラ パイナップル)_缶02

Viva La Pineapple(ビバラ パイナップル)」飲み応えレビュー

見た目は、薄濁のある黄色で泡が凄いなwww
香りは、パインが強めでリンゴ感が優しく爽やか
飲み口は、パインとりんごのフレーバー、酸味、そして甘さ具合と絶妙なバランスで素晴らしいのだが、何かもう1つ不思議な味を感じるのだがわからない…うーん、気の所為かな?。ボディはライトで非常に飲みやすくスイスイ飲めてしまうので好みには近いのだが…ただ、ハードサイダーという事もありながらアルコール度数6.0%でもジュースの様なサイダーwww。もっとアルコール度数が上がった方が、ビアっぷる的には更に好みになったかなという感じでした^^;

フィリピン産のパインを使用!?

この「Viva La Pineapple(ビバラ パイナップル)」ですが、飲んだ際に原材料の箇所を見るのを忘れてしまった。恐らくリンゴとパインの果汁が使われたとは思われるが、パインはどうやらフィリピン産の様ですね。このサイダーにパイナップルを入れてもリンゴ感を崩さないバランスはさすがで、今回も納得の味でした。で、それ以外の情報はわからない…やはり海外ブルワリーさんとなると国内とは比べ、情報が乏しくビアっぷるの周りにハードサイダーマニアがいる訳でもなく聞ける方もいないので難しいなぁ…という事で、サイダー情報はこのくらいでご了承下さいませ…と、残念ながら他のネタも見つけきれず今回はこのくらいでご勘弁を(^_^;)

はい、という事で今回は、アメリカはオレゴン州ポートランドにある『Reverend Nat’s Hard Cider(レヴァレンドナッツハードサイダー)』さんから、「Viva La Pineapple(ビバラ パイナップル)」をご紹介しました。パインとリンゴが絶妙なバランスで融合されたハードサイダー、皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る