【大阪】MINOH BEER(箕面ビール):「桃ヴァイツェン(早生ver./2020)」を樽で飲んでみました~

箕面ビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、大阪は箕面市にある『MINOH BEER(箕面ビール)』さんから、毎年恒例で超大人気ビールの「桃ヴァイツェン(早生ver./2020)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。今年も飲める機会があったので飲みましたが、毎年完成度が高いビールですね( ´∀`)

『MINOH BEER(箕面ビール)』桃ヴァイツェン(早生ver./2020) 詳細

ビール名:桃ヴァイツェン(早生ver./2020)
ビアスタイル:ヴァイツェン
ブルワリー:箕面ビール
アルコール度数:5.0%
IBU:???
URL:MINOH BEER(箕面ビール)
facebook:MINOH BEER(箕面ビール)

コチラがその「桃ヴァイツェン(早生ver./2020)」のビール画像です。

箕面ビール(桃ヴァイツェン/早生/2020)_01

桃ヴァイツェン(早生ver./2020)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある黄色でいかにもって感じですね。
香りは、文句なしに桃!ピーチ!爽やか。
飲み口は、ホップの苦味は若干感じるものの嫌な感じはしないかな。また求めてる甘さはないかな。また、桃の味に酸味とフレーバーはしっかり感じれるものの、ビアっぷるが欲しい桃からの甘さが感じれないのは今年も同様でした…www。ボディはミディアム寄りのライトで非常に飲みやすいし、ビールバランスもさすが。ただ、やはり甘さの部分で残念ながら好みではありませんでした^^;

第一弾の桃は“早生”を使用

この「桃ヴァイツェン(早生ver./2020)」ですが、ホップは…わからないですね。また毎年恒例の和歌山の八旗(はっき)農園さんのその日採れた『あら川の桃』をピューレ状にして使われてます。桃のフルーティーさとヴァイツェン酵母由来のフルーティーさが絶妙なバランスで交じり合って爽やかな香り。“甘さは残さず”という感じで醸造されており、確かに今年のも甘さがないと感じたが…淡い期待をしつつ飲んだビアっぷるはあっさり撃沈でしたwww。が、何れにせよ“桃ビール”と言えば箕面ビールさんですからね!風物詩として飲めるタイミングがあれば飲んでおかないとと思ってます(^_^;)

オンラインショップ、樽、ビアバーでもアッという間に…

桃ヴァイツェンは毎年の事と感じてますが、

箕面ビール(桃ヴァイツェン/早生/2020)_イメージ01

オンラインショップでもアッという間に完売されてる様ですし、樽生は即完売。そしてとあるビアバーさんでは…お客さんの1杯目はほぼ全員頼むという事で僅か1日で撃ち抜かれた程、老若男女問わず大人気のビールでとても素晴らしい事ですね。今年は後桃3種(白鳳、清水、川中島)も発売予定との事で桃争奪戦が始まりますね!www。ビアっぷるは今年も飲めたら…という感じで、タイミングがあれば飲みたいと思うビアっぷるでした( ´∀`)

はい、という事で今回は、大阪は箕面市にある『MINOH BEER(箕面ビール)』さんから、毎年高齢で超大人気ビールの「桃ヴァイツェン(早生ver./2020)」クラフトビールが気になってる方がこのビールを飲むと、良い意味で衝撃を感じるはず!?と思えるビール。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね!

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る