【北海道】忽布古丹醸造:「忽布の輝き」を樽で飲んでみました~

忽布古丹醸造(ロゴ01)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、北海道は富良野にある『忽布古丹醸造(ホップコタン)』さんから「忽布の輝き(ホップのかがやき)」を樽で飲んだのでご紹介したいと思います。短い期間でしか仕込む事ができない、“生ホップ”を使用したハーヴェストビールですね。国産ホップもどんどん進化してますし、さぁどんな感じか気になります( ´∀`)

忽布古丹醸造(忽布の輝き)_イメージ01

『忽布古丹醸造(ホップコタン)』忽布の輝き(ホップのかがやき) 詳細

ビール名:忽布の輝き(ホップのかがやき)
ブルワリー名:忽布古丹醸造(ホップコタン)
ビアタイル:ハーヴェストゴールデンエール
アルコール度数:5.0%
IBU:35
URL:忽布古丹醸造(ホップコタン)
facebook:忽布古丹醸造(ホップコタン)

コチラが「忽布の輝き(ホップのかがやき)」のビール画像です。

忽布古丹醸造(忽布の輝き)_01

忽布の輝き(ホップのかがやき)」飲み応えレビュー

見た目は、抜群にクリアーで綺麗な黄金色!
香りは、生ホップらしい優しいホップ感は心地よいですね
飲み口は、ホップの苦味は意外に控えめで持続性は温度が上がった後に喉奥で苦味が残るかな。また求めてる甘さはない。そして国産ホップで気になっていたフレーバーと味では、柑橘さは感じるものの“グラッシーさ”が残り、フレッシュホップながら瑞々しさという感じが感じれなかった。ボディはライトで好みな方には間違いなく飲みやすいのはわかるが、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

生ホップ仕込みのビールは3種!

この「忽布の輝き(ホップのかがやき)」ですが、『ホップ畑へ車で10分程の場所』にあるとの事でホップは富良野産で種類は記載がないが“カスケード”でしょうか?。また今年はこの生ホップで3回の仕込むとの事で、今回ビアっぷるが飲んだのは第1弾のゴールデンエールで生ホップ100%で仕込まれたビール。因みに他には、
・第2弾『忽布の魅惑(Harvest IPA)』
・第3弾『忽布の潤い(Harvest Pilsner)』

との事。

“瑞々しさ”は…気の所為!?

生ホップを収穫して3~4時間程度で仕込まれてるという事で国内ではかなりの速さと思われますが、逆に早いからこそグラッシーさは人それぞれの好みなのでそこは別としても、生ホップだからこそ期待したい、“瑞々しさ!!”が思ったより感じれなかったのはビアっぷるだけだろうか!?。こうなると2弾は好み的にIPAで厳しいので、3弾のピルスナーを飲める機会があれば是非飲んでみたい。フレッシュホップならではの瑞々しさは、毎度の事ながら特に興味津々なビアっぷるでした( ´∀`)

はい、という事で今回は、北海道は富良野にある『忽布古丹醸造(ホップコタン)』さんから「忽布の輝き(ホップのかがやき)」をご紹介しました。国産の新鮮なホップを即仕込んだビール。皆さんも機会があれば是非飲んでみてはいかがでしょうか。

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る