【静岡】Repubrew:「テイラスヘイジーIPA」を樽で飲みました~

リパブリュー(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は沼津市にある『Repubrew(リパブリュー)』さんより、「Talus Hazy IPA(テイラスヘイジーIPA)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。Talus(テイラス)という新たな新種のホップを使われたビールとの事で、どんな感じか興味津々。しかもビアスタイルがヘイジーIPAという事で飲んでみました~( ´∀`)

リパブリュー(テイラスヘイジーIPA)_イメージ01

『Repubrew(リパブリュー)』Talus Hazy IPA(テイラスヘイジーIPA) 詳細

ビール名:Talus Hazy IPA(テイラスヘイジーIPA)
ブルワリー:Repubrew(リパブリュー)
ビアスタイル:Hazy IPA
アルコール度数:7.2%
IBU:0
URL:Repubrew(リパブリュー)
facebook:Repubrew(リパブリュー)

こちらが「Talus Hazy IPA(テイラスヘイジーIPA)」のビール画像になります。

リパブリュー(テイラスヘイジーIPA)_01

Talus Hazy IPA(テイラスヘイジーIPA)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのあるくすんだオレンジ色という感じでしょうか。
香りは、やや酸味を感じる上に意外にもマンゴー感!?かな。
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性もない感じでしたが温度が上がると苦味が喉辺りで残るかな。求めてる甘さはない。そしてややグラッシーさを感じるのだが、マンゴーさも感じるがこれは新種のホップ由来か!?。ボディはミディアム寄りのライトで飲みやすいがビールの深みを感じれず、残念ながら好みではありませんでした^^;

他のブルワリーさんも既に!?…

この「Talus Hazy IPA(テイラスヘイジーIPA)」ですが、ホップは先に紹介したTalus T90 DH、そしてパリセードクライオにシムコークライオ、アマリロクライオの4種類、更にモルトはピルスナー、ウィート、マリスオッター、にオーツを使ってヘイジーIPAを醸造されてる様ですね。気になるのはやはり新種という“Talus(テイラス)ホップ”。独自で調べる限り、宇宙ブルーイングさんの宇宙ALEにてこのホップが使われた様ですが、その際は『タレス』と呼ばれてます。どっちが合ってるかはともかく、今回はリパブリューさんの記事になりますのでリパブリューさんに合わせさせて頂きますので悪しからず。

ホップの特徴は…

で、特徴が色々と出てきまして…『グレープフルーツの様な柑橘類、ポプリ、木、松、ココナッツ』という感じかな?。ただ今回のビールでは複数種類のホップが使われており、その特徴を当てはめるも…マンゴー感を強く感じてどれがテイラスホップの香り?味?という感じでしたwww。人の舌は十人十色ですので何ともですが、まぁ、新種との事ですし今後はこのクラフトビール業界で多く使われていくホップかと思います。スマッシュIPAとして飲める機会がやってくると思いますし、その時にまたわかればいいかなという印象でした(^_^;)

はい、という事で今回は、静岡県は沼津市にある『Repubrew(リパブリュー)』さんより、「Talus Hazy IPA(テイラスヘイジーIPA)」をご紹介しました。新種のホップとの事ですので、皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る