【大阪】箕面ビール:「桃ヴァイツェン(川中島Ver.)/2022」を樽で飲んでみました~

箕面ビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、大阪は箕面市にある『MINOH BEER(箕面ビール)』さんから「桃ヴァイツェン(川中島Ver.)/2022」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『桃ヴァイツェン(清水白桃Ver.)/2022』でしたが、今回も贅沢ながら樽開栓初日だったので飲ませて頂く事に✨。さて、どんな感じでしょうか😄

『MINOH BEER(箕面ビール)』桃ヴァイツェン(川中島Ver.)/2022 詳細

ビール名:桃ヴァイツェン(川中島Ver.)/2022
ブルワリー:箕面ビール
ビアスタイル:フルーツヴァイツェン
アルコール度数:5.0%
IBU:12
URL:MINOH BEER(箕面ビール)
facebook:MINOH BEER(箕面ビール)

コチラがその「桃ヴァイツェン(川中島Ver.)/2022」のビール画像です。

箕面ビール(桃ヴァイツェン(川中島ver.)/2022)_01

「桃ヴァイツェン(川中島Ver.)/2022」飲み応えレビュー

見た目は、濁りある明るめなレンジ黄色という感じかな
香りは、芳醇な桃桃桃桃!って感じ
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性はなし。また求めてる甘さはない。そして桃のフレーバーが華やか芳醇ながら、味はしっかりあれどジューシーのちょい手前でやや水っぽくも感じるかな。飲み後には甘さはややありホップの苦味はなし。ボディはミディアム寄りのライトで飲みやすいが、ちょい水っぽさで残念ながらビアっぷるの好には至りませんでした💦

年内最後の恒例桃ヴァイツェン

この「桃ヴァイツェン(川中島Ver.)/2022」ですが、箕面さん毎年恒例季節限定の桃ビール。この川中島ver.が今年最後となりますが皆さん飲まれましたか~?。ホップは記載はなし。またその他原材料はいつもと一緒ですが、和歌山県は“あら川の桃 八旗農園(はっき)”さんの国産桃(川中島)を使い醸造されたフルーツヴァイツェン🍺。前回もお伝えしましたが、今年は敢えての贅沢飲みで“開栓初日”に拘りました😁。その拘りから2番目の“白鳳”だけが飲めずじまいでしたが、それでも有り難い事に計3種類飲ませて頂きましたので運が良かった✨。全て開栓初日飲みは初の試みでしたが、やはりどれも新鮮で桃のフレッシュさや華やかな香りがしっかり。そんな中でもちろん各々の桃で特徴があるのですが、好みは人それぞれですが今年もビアっぷるが好む甘さを感じた“早生ver.”が好みでした😍。全体ではどのver.が一番好まれてるのかな?と気になってるビアっぷるですが、また来年も飲めるチャンスがあれば今度はどんな拘りで飲ませてもらおうか?と思っているビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は『MINOH BEER(箕面ビール)』さんから「桃ヴァイツェン(川中島Ver.)/2022」をご紹介しました。桃のアロマとフレーバーはしっかりもやや薄めに感じた川中島ver.の桃ビール🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る