【神奈川】サンクトガーレン:「和梨のヴァイツェン」を樽で飲んでみました~

サンクトガーレン(ロゴ)_03new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、神奈川県は厚木市の『SanktGallen Brewery(サンクトガーレン)』さんより「和梨のヴァイツェン/2022ver.」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回はうちゅうさんのとのコラボ『SPACE HAZY(スペースヘイジー)/2021ver.』でしたが、今回は梨を使った季節限定ビールですね✨。さて、どんな感じでしょうか😄

サンクトガーレン(和梨のヴァイツェン/2022ver.)_イメージ01

『SanktGallen Brewery(サンクトガーレン)』和梨のヴァイツェン/2022ver. 詳細

ビール名:和梨のヴァイツェン/2022ver.
ブルワリー名:SanktGallenBrewery(サンクトガーレン)
ビアスタイル:フルーツビール
アルコール度数:5.5%
IBU:18
URL:SanktGallen Brewery(サンクトガーレン)
facebook:SanktGallen Brewery(サンクトガーレン)

こちらが、その「和梨のヴァイツェン/2022ver.」のビール画像です。

サンクトガーレン(和梨のヴァイツェン/2022ver.)_01

「和梨のヴァイツェン/2022ver.」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある明るめなベージュですね
香りは、梨というより桃を思わせる華やかさが凄く心地よい
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性はほとんど感じれないかな。また求めてる甘さはややあり。そしてヴァイツェン由来のバナナっぽさに桃っぽさが合わさったフルーティーさから、好みな優しいホップフレーバーが下支えしてる感じでこれまた好ポイント。飲み後には大人の甘さがありつつ、余韻でようやく優しい梨を見つけた。ボディはミディアムで濃さ+やややトロみがあり、飲みやすく飲み応えもしっかり。ビアっぷるはかなり好みな方のビールでした✨

梨なのに“桃っぽさ”を思わせるビール

この「和梨のヴァイツェン/2022ver.」ですが、ホップはザーツホップのみ。そしてモルトはペールエールモルトとホワイトウィートを使用。また、ヴァイツェンをベースに神奈川県産の“訳あり梨”を350kg(ペースト加工・ジュース・細切れ)を3段階に分けて加え、醸造されたフルーツビールとの事。先ずサンクトさんのビールはあまり飲まなくなってたが、ヴァイツェンは造りが変わったのか!?良い意味で他のビアスタイルとベースに違いを感じる程の好印象で驚き✨。そしてホップもビアっぷるが好むザーツに、梨なのに桃っぽさも見え隠れする香り高いアロマ&フレーバー。拘りの1つと思うが、原材料に“香料”が使われてない純粋なフルーツビールというのが凄く好感を持てます😄。同じ樽(ドラフト)ながら、ビア仲間からは樽開栓直後に飲み“濃くなかった”と言う反面、ビアっぷるは樽底だったからか!?“濃さ”を感じれ滅多にないパイント2杯飲み😍。気になる上面の方を飲んでみたい気持ちもあるので、タイミングは難しそうだが開栓仕立てが飲めればと密かに目論んでいるビアっぷるでした😁

はい、という事で今回は『SanktGallen Brewery(サンクトガーレン)』さんより「和梨のヴァイツェン/2022ver.」を紹介しましました。ヴァイツェンの素晴らしさ、そして梨が桃っぽさを思わせるフレーバーのフルーツビール🍺✨。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る