【山梨】UCHU BREWING:「VORTEX(ボルテックス)」ボトルで飲みました~

うちゅうブルーイング(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、山梨県は北杜市にある大人気の『UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)』さんから、「VORTEX(ボルテックス)」をボトルで飲んだのでご紹介したいと思います。もうあまり樽で飲める環境を自身でも作らなくなったので飲める頻度は極めて減りましたが、そんな中ビア仲間よりボトルにてプレゼントで頂きましたので飲める事に😊

うちゅうブルーイング(ボルテックス/2020)_イメージ01

『UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)』VORTEX(ボルテックス) 詳細

ビール名:VORTEX(ボルテックス)
ブルワリー名:UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)
ビアスタイル:Hazy IPA
アルコール度数:6.0%
IBU:???
URL:UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)
facebook:UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)

コチラがその「VORTEX(ボルテックス)」のビール画像です。

うちゅうブルーイング(ボルテックス/2020)_ボトル01
うちゅうブルーイング(ボルテックス/2020)_ボトル02

VORTEX(ボルテックス)」飲み応えレビュー

見た目は、にごにごで明るいクリーム色にも見えるかな
香りは、柑橘さのあるグレープフルーツ感がふんわり
飲み口は、ホップの苦味は柔らかめで持続性もなくスッと消える印象。また、求めてる甘さ程よく感じるかな。そしてジューシーさと柑橘さの味が程よく混じり合い、ホップフレーバーが後から優しく追いかけてくる。ボディはミディアムだが軽さを感じるが、口当たりが非常に良くビアっぷるの好みなビールでした😄

甘さが好み

この「VORTEX(ボルテックス)」ですが、ホップはシトラとアザッカを使用されてる様ですね。その他は特に強調する原材料等はなく、また相変わらずだがコンセプトやブルワーズノートはちょっと理解に苦しむのでスルーさせて頂きます😅。このままではお話が終わってしまうので、今年1月に「VOLTEX(樽ver.)」を樽で飲んでた事を比較します。って、ビアっぷる的にボトルと樽を比較しても仕方ない部分もあるが、その樽は当時ホップがアマリロとアザッカ。苦味とエグみも感じる事で苦手でしたが、今回のバッチの方は苦味が弱めで求めてる甘さも出てる感じが好みだった。まぁ、人にも“苦味推し”と“甘み推し”でそもそも好みが違うので何ともだが、“甘さ”がビアっぷる的にストロングポイントだったので久しぶりに好みなビール🍺に合えた印象でした。

新作サワーエール!?

あ、ちょっと気になるビールが…相変わらず人気でSOLD OUTがオンパレードの
オンラインストアですが、

うちゅうブルーイング(QUARK)_イメージ01

『QUARK』が興味津々。原材料にはベリー系の果汁を使い水飴やバニラなども使って加糖されてるサワーエールの様で、この加糖はどんな感じなのだろうか??と気になる。また果肉濃厚ver.もありそうでそっちも興味津々。飲んでみたいが…ビアっぷるがお邪魔するビアバーさんでは宇宙戦争に参加しない箇所が多く、樽で飲める機会がかなり減ったのも事実。偶然にもどこかのタイミング合って飲めるといいなぁ~という事で悪しからず😅

はい、という事で今回は、山梨県は北杜市にある大人気の『UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)』さんから、「VORTEX(ボルテックス)」をご紹介しました。まだまだ人気のブルワリーさんのヘイジーIPA。皆さんももし飲めるタイミンが合えば是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る