【長野】Hakuba Brewing:「Hakuba 7 Hop」を樽で飲みました~

hakuba Brewing(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、長野県は北安曇郡にある『Hakuba Brewing Company(ハクバ・ブルーイング・カンパニー)』さんより、「Hakuba 7 Hop(白馬セブンホップ)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回のIPAがかなり好みでしたので、多種類を使ったIPAという事ですがどんな感じ過興味津々です😄

hakuba Brewing(トップイメージ)_01

『Hakuba Brewing Company(ハクバ・ブルーイング・カンパニー)』Hakuba 7 Hop(白馬セブンホップ) 詳細

ビール名:Hakuba 7 Hop(白馬セブンホップ)
ブルワリー:Hakuba Brewing
ビアスタイル:IPA
アルコール度数:5.0%
IBU:35
URL:Hakuba Brewing Company(ハクバ・ブルーイング・カンパニー)
facebook:Hakuba Brewing Company(ハクバ・ブルーイング・カンパニー)

こちらが「Hakuba 7 Hop(白馬セブンホップ)」のビール画像になります。

hakuba Brewing(白馬セブンホップ)_01

Hakuba 7 Hop(白馬セブンホップ)」飲み応えレビュー

見た目は、クリアーな黄金色という感じでしょうか
香りは、ホップの華やかさがしっかり立った心地よさ
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性はないかな。また求めてる甘さもない。そしてホップフレーバーの華やかさは立っているのだがホップ感が軽く感じる。またモルトっぽさ(ホップから?)もあるのだが、奥深さも感じない。ボディはライトで飲みやすいのだが残念ながら好みではありませんでした💦

ホップの詳細が…

hakuba Brewing(白馬セブンホップ)_イメージ01

この「Hakuba 7 Hop(白馬セブンホップ)」ですが、公式サイトを見るとビール名の横に“Citra Edition”と記載があるが、ビールコメントには“7種類の国際的な ホップを調合”…という事は!?、シトラを主にしてその他6種類のホップを使ってるという捉え方でいいのかな?と思ってますが、間違ってたらすいません。って、忙しいからかな?それとも詳細はそこま重要視してない?更にはあまり興味を持ってない?と思われてるかもしれないが、クラフトビール業界であればそれこそ嗜好品の域を抜けてない以上、是非詳細を記載してもらえると嬉しいな👀

“HAKUBA IPA”推し!

話は🍺に戻し、今回のビールは全体的に好みではなかったが、前回の『HAKUBA IPA』の方が圧倒的に好みでしたね。モルトの深みだったりホップの余韻が最後までしっかり残る上に、甘さも程よくあり全体的バランスも好みでしたね。アルコール度数が6.0%ってのもビアっぷるが好みな要因だったのかもしれませんが、また機会があれば是非飲みたいと思いますが、今度は他のビアスタイルも飲んでみたいな~😄

はい、という事で今回は、長野県は北安曇郡にある『Hakuba Brewing Company(ハクバ・ブルーイング・カンパニー)』さんより、「Hakuba 7 Hop(白馬セブンホップ)」をご紹介しました。ライトなIPAという感じでしたが、皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る