【千葉】ハーヴェストムーンブルワリー:「舞浜レモネール」を樽で飲みました~

ハーヴェストムーン(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、千葉県は浦安市にある『Harvestmoon Brewery(ハーヴェストムーンブルワリー)』さんから、「舞浜レモネール」を樽で飲みましたので紹介したいと思います。ビアっぷる的には珍しいのですが、ハーヴェストムーンさんのビールを飲む機会があり“季節限定”との事で飲んでみました🍺😄

ハーヴェストムーン(舞浜レモネール)_イメージ01

『Harvestmoon Brewery(ハーヴェストムーンブルワリー)』舞浜レモネール 詳細

ビール名:舞浜レモネール
ブルワリー:Harvestmoon Brewer(ハーヴェストムーンブルワリー)
ビアスタイル:フルーツビール
アルコール度数:5.5%
IBU:???
URL:Harvestmoon Brewery(ハーヴェストムーンブルワリー)
facebook:Harvestmoon Brewery(ハーヴェストムーンブルワリー)

コチラがその「舞浜レモネール」のビール画像です。

ハーヴェストムーン(舞浜レモネール)_01

舞浜レモネール」飲み応えレビュー

見た目は、クリアな琥珀色という感じかな
香りは、レモンの爽やかな感じが非常に心地よい
飲み口は、ホップの苦味はほとんどなく持続性もないに等しいかな。また求めてる甘さもない。そしてレモンのジューシーさと爽やかなフレーバーはしっかり感じれ、後味にシトラス感が追いかけてくる。また酸味はさほど強くないのが勿体ない感じと思いきや、飲めば飲むほど酸っぱさが出てくるし、いかにもレモン!って感じ🍋。ボディはライトで非常にさっぱりで良いのだが、ただ後味にエグみを感じるのと、もう一押し何か欲しい…という事で残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした😅

ビール名に恥じない檸檬感

この「舞浜レモネール」ですが、ビール名は一瞬“レモネードでは?”と勘違いしたがレモネールで合ってました😅。ホップの種類は公式サイト等々記載が見つけきれずわからず。ただイギリス産の麦芽を使用し、小麦のビール(アビービール)をベースにして、アロマホップの代わりにレモングラスとレモンバームを使用し模様。また、酸味にはレモン果汁を使い醸造されたフルーツビールの様ですね。千葉県産とは思うがどこ産の檸檬かは定かではありませんが、特有の酸味がしっかり感じれるし、レモン感はビール名からもしっかり伝わりましたがいかんせん後味は酸っぱい💦。サワー系をなるべく飲むようになり酸味に対しての免疫があるとは思ってたが…ええ、“酸味は別”と言わんばかりの酸っぱさでした。

女性に好印象だった…

リアルに複数人の女性のお客さんが頼んでましたが、ウケがかなり良かったですね。爽やかさと飲みやすさが合うのかな?。と、勝手に想像してしまいました。まぁ、ビアっぷる的にはレモン感を少し控えめにしてもらってもう一押し何か欲しいと感じた🍺でしたが、こればかりは好みですからね。レモンの酸味を好む方は是非TRY!してみましょう✨

はい、という事で今回は千葉県は浦安市にある『Harvestmoon Brewery(ハーヴェストムーンブルワリー)』さんから、季節限定の「舞浜レモネール」をご紹介しました。レモンの爽やかさやジューシーさはしっかり出てるビール。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る