【長野】南信州ビール:「PORTER(1年熟成ver.)」を樽で飲みました~

南信州ビール_ロゴ01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、長野県は上伊那郡にある『南信州ビール』さんから季節限定醸造ビール、「PORTER(1年熟成)」に窒素で出されたver.を樽で飲んだのでご紹介したいと思います。二度見をした程ですが、ポーターを1年熟成…このパターンは飲んだ記憶がないし、そもそも基本飲まないビアスタイルですが、敢えて飲んでみる事にしました👀。

南信州ビール_イメージ01NEW

『南信州ビール』PORTER(1年熟成) 詳細

ビール名:PORTER(1年熟成ver.)/窒素ver.
ブルワリー:南信州ビール
ビアスタイル:ポーター
アルコール度数:6.0%
IBU:???
URL:南信州ビール
facebook:南信州ビール

コチラがその「PORTER(1年熟成)/窒素ver.」のビール画像です。

南信州ビール(ポーター1年熟成ver./2020)_01

PORTER(1年熟成)」飲み応えレビュー

見た目は、真っ黒だが光加減で赤褐色にも見えるかな
香りは、豊かなロースト弱めでモルトの風味がたまらない
飲み口は、ホップの苦味やローストの苦味はほぼなし、更には持続性までも残らないのが意外でした。そして求めてる甘さはない。またローストフレーバーが主張し過ぎず優しく、熟成感からか後に奥深いモルトと甘さが残り余韻でナッツ感がふんわり。優しい口当たりは窒素を入れたというのもあるだろうが、それにしてもとてつもなく飲みやすい。ボディはミディアム寄りのライトで飲み応えもあり、バランス的にも素晴らしい。ポーターを好まないビアっぷるだが、好みなの方のビールでした✨

1年前に醸造のポーターを熟成

この「PORTER(1年熟成)/窒素ver.」ですが、ホップ等の記載が公式サイトになく今回もわからず。ただ季節限定醸造という事で、ブラックモルトの香ばしさと苦味が効いた南信州ビールさん季節限定ポーター2019(アルコール度数6.0%/IBU19)を、2019年12月の製造から1年熟成させリリースされたver.との事。どうやらバレルとかではない様なので、多分冷蔵庫での樽内熟成かな?という捉え方をしていますが、ここまでポーターって良い意味で変化するんだなと思った熟成🍺でしたね✨

ポーターがポーターじゃないみたい!?

しかし、南信州ビールさんの元のポーターってこんなにボディ感があったっけ?と思う程、飲み応えと言いローストやホップの苦味も良い意味で感じれず、最後にモルトの甘味の柔らかい飲みやすさ…と、苦手ながらも様々なブルワリーさんのポーターを飲んだが、今までとはひと味もふた味も違うポーターで、ポーターマニアの方でも不思議がってもおかしくないかも!?と思えるが窒素を配合されたのはそんな簡単には飲めないかな?。ただ、ポーターが苦手なビアっぷるが好みな方と言ってるくらいですから、信憑性は高いと思いますよ😅。是非ポーターマニアの方はご賞味あれ⤴

はい、という事で長野県は上伊那郡にある『南信州ビール』さんから「PORTER(1年熟成ver.)」をご紹介しました。季節限定ビールの1年熟成…皆さんももし飲める機会があれば是非飲んで見てくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る