RISE & WIN Brewing × Ex Novo Brewing:「You’ve Been Post」を樽で飲んでみました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、徳島県は上勝市にある『RISE & WIN Brewing(ライズアンドブルーイング)』さんと、アメリカはオレゴン州ポートランドにある『Ex Novo Brewing(エックスノボブルーイング)』さんとのコラボビール、「You’ve Been Post(ゆうびんポスト)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。あのサワーが復活!?と、即『Hood to Fuji 2019』を思い出しましたよ~✨き

RISE&WIN Brewing×Ex Novo Brewing(ゆうびんポスト/2021)_イメージ02

『RISE&WIN Brewing×Ex Novo Brewing』You’ve Been Post(ゆうびんポスト) 詳細

ビール名:You’ve Been Post(ゆうびんポスト)
ブルワリー名:RISE & WIN Brewing × Ex Novo Brewing
ビアスタイル:サワーエール
アルコール度数:4.0%
IBU:7
facebook:RISE & WIN Brewing(ライズアンドブルーイング)
facebook:Ex Novo Brewing(エックスノボブルーイング)

コチラがその「You’ve Been Post(ゆうびんポスト)」のビール画像です。

RISE&WIN Brewing×Ex Novo Brewing(ゆうびんポスト/2021)_01

「You’ve Been Post(ゆうびんポスト)」飲み応えレビュー

見た目は、インパクト抜群で濁りのある赤紫な感じと言えばよいでしょうか
香りは、ベリーの甘酸っぱそうな爽やかさが心地よいですね
飲み口は、ホップの苦味はほぼ感じられず持続性もIBU7という事もありないに等しいかな。また求めてる甘さはない。そしてベリーベリーベリーと言わんばかりの決して強くなく爽やかなフレーバーを感じながら、少しグッと酸味がくる甘酸っぱさが絶妙なバランスでGOOD。飲み後には甘さはそこまでないが、酸っぱさと余韻は共にかなり優しめだが余韻が長時間残る印象。ボディはライトで飲みやすく、癖になる好みは方のサワーでした✨

絶妙な塩梅が、パワーアップの印象を齎す

この「You’ve Been Post(ゆうびんポスト)」ですが、2019年の6月に東京は代官山で開催された『Hood to Fuji 2019』にてアメリカオレゴン州ポートランドの

Ex Novo Brewing(ロゴ)_01new

『Ex Novo Brewing(エックスノボブルーイング)』さんとのコラボビールの復刻版という感じでしょうか。懐かしいがこ当日様々な🍺等を飲んだが、まず

RISE&WIN Brewing×Ex Novo Brewing(ゆうびんポスト/2021)_イメージ01

この英語表記ながらよくよく見ると“ゆうびんポスト”と読めるインパクトを受け、ビアっぷる的には味も含め凄く好印象なインパクトが残ってます✨。また、前回はホップがわかりませんでしたが、今回はHallertau Monroe(ハラタウモンロ―)を使われており、原材料には前回同様オレゴン産のRaspberry(ラズベリー)を使い醸造されたサワーエールとの事。色味と見た目からインパクト抜群ですし、味に対してもベリー感がしっかり感じつつ甘酸っぱさは2019の方が甘酸っぱさの甘さを強く感じそれも良かったのだが、今回は甘すぎず酸味が強すぎずもビアっぷるは今回の方が絶妙な塩梅が素晴らしく更にバランスよく感じました👀。女性が好きそうなラズベリーの甘酸っぱさを求めてる方には非常にマッチするサワーと思いますよ~🎶。あ、、、今回は専用グラスの関係でMサイズにしましたが、機会があれば今度はパイントで飲みたくまた2022年も醸造される様なら是非飲みたいので楽しみにしてるビアっぷるです😄

はい、という事で今回は徳島県は上勝市にある『RISE & WIN Brewing(ライズアンドブルーイング)』×オレゴン州ポートランドの『Ex Novo Brewing(エックスノボブルーイング)』さんとのコラボビール「You’ve Been Post(ゆうびんポスト)」を紹介しました。ラズベリーを存分に味わえるサワー、皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 南横浜ビール研究所(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は神奈川県横浜市にある『南横浜ビ…
  2. ウエストコーストブルーイング(ロゴ1)_NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は静岡市にある『West C…
  3. パシフィックブリューイング(パーミット)_ロゴ01
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログで初登場となります。神奈…
ページ上部へ戻る