【宮城】ブラックタイドブリューイング:「ナギ」を缶で飲みました~

ブラックタイドブリューイング(ロゴ)_03new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、宮城県は気仙沼市にある『Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)』さんから、「Nagi(ナギ)」を缶で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回の『Super nagi(スーパーナギ)』は好みな方の🍺でしたが、3度目の醸造という事ながら初飲みとなるビアっぷる。今回のヘイジーはどんな感じでしょうか?楽しみです😄

ブラックタイドブリューイング(ナギ)_イメージ01

『Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)』Nagi(ナギ) 詳細

ビール名:Nagi(ナギ)
ブルワリー名:Black Tide Brewing(ブラックタイド ブリューイング)
ビアスタイル:Hazy IPA
アルコール度数:7.0%
IBU:???
URL:Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)
facebook:Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)

コチラがその「Nagi(ナギ)」のビール画像です。

ブラックタイドブリューイング(ナギ)_缶01
ブラックタイドブリューイング(ナギ)_缶02

Nagi(ナギ)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのあるくすんだ黄色という感じでしょうか
香りは、柑橘さが強めで微グラッシーな感じは気の所為だろうか!?
飲み口は、ホップの苦味は控えめながら持続性は少し喉奥で残る程度かな。また、求めてる甘さはない。そして柑橘さのあるフレーバーとジューシーさ、苦味と甘さが微あり。飲み後には口当たりもよくボディはミディアム寄りのライトで飲みやすいし、飲み応えもあるがヘイジーさやビール自体のバランスが整ってる印象を受けたが、そこまで突出した特徴はないヘイジーIPAという感じで、残念ながら好みまでは至りませんでした💦

僅か3ヶ月で10種類は…

この「Nagi(ナギ)」ですが、今回が3バッチ目の醸造との事。ホップは『スーパーナギ』と同様でエルドラド、モザイク、そしてシトラホップの3種類を使い、原材料にはオーツ麦の割合を増やし醸造されたヘイジーIPAの様ですね。ビールコメントにもありますが確かに口当たりは良く感じましたし、全体的な🍺の造りやヘイジーさは相変わらず良いなぁ~✨と感じたのだが…スーパーナギの方が好みでしたね。そして悪い意味ではないが、アルコール度数7.0%と好みの濃さからは低めに感じたのもあったか?、何か特徴がそこまで感じれなかった。まぁ、通常であれば舌に覚えさせるよう(出来てるかは別😅)わざと間隔を空けて同ブルワリーさんの🍺を飲ませてもらうのだが、何だかんだで今年の3~5月までにブログ紹介で8種類に控え2種類(スーパーケセモイ/アジュールウィンドは後日)がスタンバイと、ヘイジーIPAを中心に一気に確か10種類ブラックタイドさんの🍺を飲ませてもらってる状況。ビアっぷるの良くないところだが、おおよそ味を理解してくると一旦小休止したくなるんですよね😵。という事で、残り2つを紹介した後は特殊な🍺以外は控えようかな…と思ってますが、なるかならないかは当たり前だがビアっぷる次第。予定は未定という事で悪しからず~😅

はい、という事で今回は宮城県は気仙沼市にある『Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)』さんの、「Nagi(ナギ)」をご紹介しました。やや濃い目で飲みやすいヘイジーIPAという感じかな、皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る