【静岡】ウエストコーストブルーイング:「フルホップアルケミストV7 リバイバル」を樽で飲みました~

ウエストコーストブルーイング(ロゴ1)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより、「Full Hop Alchemist V7 Revival.(フルホップアルケミストV7 リバイバル)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は缶の『ULTRA SHIFT(ウルトラシフト)』でしたが、ようやくWCBさんの樽(ドラフト)が飲める事に一際嬉しいビアっぷるですが…V15でないのが残念😅

ウエストコーストブルーイング(フルホップアルケミストV7 リバイバル)_イメージ01

『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』Full Hop Alchemist V7 Revival.(フルホップアルケミストV7 リバイバル) 詳細

ビール名:Full Hop Alchemist V7 Revival.(フルホップアルケミストV7 リバイバル)
ブルワリー名:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
ビアスタイル:DDHヘイジーダブルIPA
アルコール度数:7.5%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)

コチラが「Full Hop Alchemist V7 Revival.(フルホップアルケミストV7 リバイバル)」のビール画像です。

ウエストコーストブルーイング(フルホップアルケミストV7 リバイバル)_01

Full Hop Alchemist V7 Revival.(フルホップアルケミストV7 リバイバル)」飲み応えレビュー

見た目は、ニゴニゴでややベージュ寄りなクリーム色という感じでしょうか
香りは、ホップ由来か?マンゴーを思わせるトロピカル感がしっかり
飲み口は、ホップの苦味がややあり持続性は舌奥で残り喉奥でもジワジワと。また求めてる甘さはない。そして柑橘のホップフレーバー炸裂からの、ミカンっぽさが残る味わい。飲み後には舌にピリピリ感が残るのは気になるのと、程よい甘さがある!と思ったら、優しくジワジワと余韻までもホップの苦味の沼に…。ボディはミディアムで飲み応えはあるが、残念ながらビあっぷるの好みではありませんでした💦

飲み応え等など、正に“復刻版”

この「Full Hop Alchemist V7 Revival(フルホップアルケミストV7 リバイバル)」ですが、スローバックシリーズ第4弾の🍺でV7の復刻版です。ホップはワイメアとギャラクシー、そしてストラータにサブロの4種類を使い、原材料にはオーツ麦はともかく“糖類”を加えて醸造された、DDHヘイジーダブルIPAの様ですね。因みに当時使われたホップがわからないが、2020年の3月に『FULL HOP ALCHEMIST V7(フルホップアルケミストバージョン7)』を飲ませて頂いたが、前回と同様で舌でのピリピリ感とホップの苦味が感じれその他特に変化は感じれず、正に“復刻版”と言った感じですね😅。唯一違うのはアルコール度数が0.5%下がり、7.5%でも飲み応えは良い意味で変わらずそこはさすがですね。まぁ、好みは人それぞれもビアっぷるには欲しい甘さがないのが残念だが、“甘さのがかなり控えめで濃いホップ炸裂ヘイジーIPAを求めてる方”には合うと思いますよ~😄

恒例のWEBフライヤー、そしてビール名を…

恒例のWEBフライヤーですが、

ウエストコーストブルーイング(フルホップアルケミストV7 リバイバル)_webフライヤー01

うん、前回のから最下部の文字を大きくし『THROWBACK TIME』に変わった感じでデザインはそのままですね。もう少し変化があれば…と思ったが、全体的な赤やピンク系の感じは好みなのでそれはそれでいいかな😅。それと🍺名ですが、本家は最後に“THROWBACK SERIES(スローバックシリーズ)”と入りますが、ブログ上では長いので“Revival(リバイバル)”にした旨、ご了承下さいませ。

はい、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより、「Full Hop Alchemist V7 Revival.(フルホップアルケミストV7 リバイバル)」をご紹介しました。ホップのフレーバーや苦味がしっかり感じれるヘイジーIPA、皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る