【和歌山】ノムクラフトブリューイング:「ピンクブリーズ」を樽で飲みました~

ノムクラフト(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

始めに、昨日サイトが検索されても表示されずご迷惑をおかけましました。そして投稿後にツイッターへの連動性が不安定で申し訳ございません。ただ記事は毎日更新しておりますので、ご興味のある方はPCやスマホの方に見に来て頂けると幸いです💦。という事で今回は、和歌山県は有田郡にある『Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)』さんから、「Pink Breeze(ピンクブリーズ)」を樽で飲みましたでご紹介したいと思います。ブリーズって付いてるので、3月に飲ませてもらった『Berry Breeze(ベリーブリーズ)』のシリーズなのかな?何れにせよ再度フルーツサワーとなりましたがどんな感じでしょうか😄。

ノムクラフト(ピンクブリーズ)_イメージ01

『Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)』Pink Breeze(ピンクブリーズ) 詳細

ビール名:Pink Breeze(ピンクブリーズ)
ブルワリー名:Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)
ビアスタイル:フルーツサワー
アルコール度数:4.0%
IBU:11
URL:Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)
facebook:Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)

コチラがその「Pink Breeze(ピンクブリーズ)」のビール画像です。

ノムクラフト(ピンクブリーズ/2021)_01

Pink Breeze(ピンクブリーズ)」飲み応えレビュー

見た目は、クリアさのある薄赤褐色という感じでしょうか
香りは、ベリー感と酸味が爽やかに感じれました
飲み口は、ホップの苦味は程よくありながら持続性はそこまでなにかな。また求めてる甘さはない。ベリーのキュッとくる酸味から、ほのかなエグみの様な苦味が残るかな。後味にはモルトのほのかな甘さが余韻と共に残るところは好ポイント。ボディはライトで飲みやすいのだが、思ったより酸味が強めなのでコレがもう少し控えめなら好みになったかなという感じのビールでした💦

ベリー+パイン=ベリーが勝つ!?

この「Pink Breeze(ピンクブリーズ)」ですが、ホップはアポロのみのシングルなのかな?。また原材料にはラズベリーピューレとパイナップルピューレを使い、酵母にPhilly Sourを使い醸造されたフルーツサワーとの事。全体的にベリー感が強くなり過ぎでパインが負けてる印象を受けてるが…酸味は強めにあったのだが、ベリー+パインで共に酸味のあるフルーツだからか?。というのと、ベリーのフレーバーが強く出ておりパイン感が完全に負けた印象も受けた。ただ、飲み後の“モルトの甘さと余韻”が優しく持続して感じれたのが凄くビアっぷる的には好ポイント🎵。サワーの中でモルトの邪魔をしない甘さが、非常に好感が持てノムクラフトさんの🍺で今まで飲ませてもらった中では一番好みな好みな🍺という感じでした😄

はい、という事で今回は、和歌山県は有田郡にある『Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)』さんから、「Pink Breeze(ピンクブリーズ)」をご紹介しました。ベリー強めで、キュッとくる酸味を堪能でできる🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る