【大阪】箕面ビール:「こざるIPA」を樽で飲んでみました~

箕面ビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、大阪は箕面市にある『MINOH BEER(箕面ビール)』さんから「こざるIPA」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は父の日に合わせた『パパざるラガー』でしたが、今回は“おさるIPA”の弟分という限定🍺のセッションIPA。さて、ブログに挙げた事はないが久しぶり過ぎて以前飲んだのは覚えてません😅

『MINOH BEER(箕面ビール)』こざるIPA」 詳細

ビール名:こざるIPA
ブルワリー:箕面ビール
ビアスタイル:セッションIPA
アルコール度数:4.5%
IBU:???
URL:MINOH BEER(箕面ビール)
facebook:MINOH BEER(箕面ビール)

コチラがその「こざるIPA」のビール画像です。

箕面ビール(こざるIPA/2021)_01

こざるIPA」 飲み応えレビュー

見た目は、超クリアで綺麗な黄金色ですね
香りは、ホップ由来の柑橘(グレープフルーツ)さを感じる
飲み口は、ホップの苦味はややあり持続性は舌奥でも残るかな。また求めてる甘さはない。そしてホップ苦手さを感じる柑橘フレーバーからの苦味がジワジワ残る。飲み後には甘さもなく、正にホップの良さを前面に押し出された印象で余韻までも柑橘さMAX。ボディはセッションらしいライトでビール自体はさすがという感じ。スイスイ系でスッキリも、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

柑橘さがより苦さをUP!?

この「こざるIPA」ですが、ホップは…詳細はわからずですがアメリカンホップを使いピルスナーモルトとウィートモルトを30%使い醸造された不定期醸造のセッションIPAですね。箕面さんの🍺はいつも思うが、ビール自体が常にバランスが良くそこに関しては新しいビールだろうが定番の新バッチだろうが全く不安を感じておらず、ホップやビアスタイルさえハマれば好みなビールにであるのは百も承知だが…この🍺はスッキリだが柑橘さも相まってかより苦く感じる!😵。IPA好きには間違いなく好まれると思うし、このホップの苦味が効き過ぎずもしっかり感じれるところはさすがの一言だが…もう1度言いますが、苦いよぉ💣💦。まぁ、好みは人それぞれという事で宜しくです😅。

桃だよ~、ヴァイツェンだよ~🍑

さて、話は変わり…桃狩りの時期がやってきました✨。

箕面ビール(桃ヴァイツェン2021)_バナー01

ファンの方もまだ飲んだ事ない方も必見!毎年恒例で即完売必至の『桃ヴァイツェン2021(早生、白鳳、清水、川中島)』が近日発売予定(必ず公式サイトでご確認下さい)ですよ~🍑。桃ビールの中では勝手ながら1番と思っていますが、このコロナ禍では大阪(WAREHOUSE/7月30日~)まで行けないし…ええ、樽(ドラフト)で飲めそうにないので、今年は既に諦めているビアっぷる😅。ただ、ボトルでも好む方は8月4日(水)の18:00時‬~第一弾は早生(わせ)を箕面さんのオンラインショップにて販売(1人6本まで)されるそうですよ。是非興味ある方は飲んでみましょう😄

はい、という事で今回は『MINOH BEER(箕面ビール)』さんから「こざるIPA」をご紹介しました。ホップの柑橘さを存分に感じれる🍺、皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る