栃木県のBLUE MAGIC(ブルーマジック)から限定醸造の「金獅子(Kinjishi)」を樽で飲んでみました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

先日ですがBLUE MAGIC(ブルーマジック)さんの限定醸造、
「金獅子(Kinjishi)」を樽で飲んでみました~
はい、ビアっぷるの中でBLUE MAGIC(ブルーマジック)さんと言えば…
ぺっぺぺ~ペールエール
Citrillo(シトリロ)

の2種類を飲みましたが、苦手のペールエールのはずが、
「ぺっぺぺ~ペールエール」は凄く好みでした。
が、Citrillo(シトリロ)の方はアメリカンペールエールという事で、
結果的に苦手なビールとそんな過去があります。

今回はゴールデンエールという事で楽しみではありますが、
よく見たらアメリカンゴールデンエールと…

ビール名:金獅子~Kinjishi~
ブルワリー:BLUE MAGIC(ブルーマジック)
スタイル:ゴールデンエール
アルコール度数:6.1%

ビールはこんな感じです。

はい、見た目はペールエールって感じ。
飲む前にモザイクホップをメインに使ってると店長に言われ…大ピンチ。
ビアっぷるの苦手なモザイクホップ…(・_・;)

香りですがモザイクホップと思われるこの苦手な香り…
そして飲み口ですが、ピリピリするのは気のせい!?
ドライで飲みこんだ後に苦みが残りビアっぷるには厳しい…
アメリカンゴールデンエールとの事である意味期待を裏切らないwww
残念ながら好みではなかったが、ぺっぺぺ~ペールエールの事もあり、
機会があればまたBLUE MAGIC(ブルーマジック)のビールは飲みたいですね。

今回のビアっぷる的反省点ですが正直他に気になるビールはありました。
が、ビールの紹介に「ゴールデンエール」の文字が目に入り即頼んだのですが、
オラホビールさんのゴールデンエールを想像して頼んでおり、
全く違うゴールデンエールで撃沈。。。
ビールの紹介は今後ちゃんと読まないとダメと感じました^^;

この限定醸造の金獅子で飲めるところも関東ではそんなにないと思いますが、
皆さんも機会があれば飲んでみてくださいね!

今回は、ここまで。

それでは、また~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ日本のクラフトビール歴史は浅いが国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。性格的に醸造には丸っきり興味はないが、“好みは人それぞれ・人の舌は十人十色”を基本に飲み手として独自の感想(レビュー)を書かせて頂いてます。1人でも多くの方が国内のクラフトビールも海外と負けてないんだ、そして色々なビアスタイル(種類・味わい)がある事に興味を持って頂ける様ご紹介できればと思っています。長きに渡り毎日欠かさず投稿していますので、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ウエストコーストブルーイング(ロゴ)_05new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は静岡市にある『West C…
  2. デビルクラフトブルワリー(ロゴ)_03new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は東京は品川区にある『Devil…
  3. 反射炉ビヤ(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ…
ページ上部へ戻る