【岐阜】カマドブリュワリー:「PI-NE-IPA」を樽で飲んでみました~

カマドブリュワリー(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、岐阜県は瑞浪市である『Camado Brewery(カマドブリュワリー)』さんより、「PI-NE-IPA(ピーアイエヌイーアイピーエー)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は、苦手な『窯焚セッションレッドエール』でしたが、今回はレジェンドのヘイジーIPA!✨。さて、シャレの利いたビール名も惹かれどんな感じに仕上がってるでしょうか😄

カマドブリュワリー(PI-NE-IPA)_イメージ01

『Camado Brewery(カマドブリュワリー)』PI-NE-IPA(ピーアイエヌイーアイピーエー) 詳細

ビール名:PI-NE-IPA(ピーアイエヌイーアイピーエー)
ブルワリー名:Camado Brewery(カマドブリュワリー)
ビアスタイル:レッドエール
アルコール度数:7.0%
IBU:???
URL:Camado Brewery(カマドブリュワリー)
facebook:Camado Brewery(カマドブリュワリー)

それでは「PI-NE-IPA(ピーアイエヌイーアイピーエー)」のビール画像はコチラです。

カマドブリュワリー(PI-NE-IPA)_01

PI-NE-IPA(ピーアイエヌイーアイピーエー)」飲み応えレビュー

見た目は、ニゴニゴの濃縮黄色という感じでしょうか
香りは、柑橘系の爽やかさが印象的
飲み口は、ホップの苦味がややあり持続性もある感じかな。また求めてる甘さはない。そしてホップ由来の柑橘さのあるフレーバーから瞬間グッとくるホップの苦味。ジューシーさはあまりなくトロピカルフルーツさは感じるが、何よりパイナップルを思わせる酸味と味がほぼ感じれなかったのは残念。飲み後には甘さがなく、ホップの苦味とは別にエグみにも思える苦味もやや後に残るかな。ボディはミディアム寄りのライトでアルコール度数7.0%でも飲みやすいが、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

パイナップルさんが行方不明…!?

この「PI-NE-IPA(ピーアイエヌイーアイピーエー)」ですが、ホップはシトラとギャラクシーにモザイクホップの3種類を使用し、原材料にはパイナップル果汁を使い醸造されたパイナップルヘイジーIPAとの事。正直感じた方は人それぞれも、ビアっぷるにはパイナップルが行方不明なパイナップルヘイジーIPAだったという印象を受けました😵。ビア仲間複数に聞いたが、『パインはいるがかなり弱め』という返答が多かったが、珍しくビール名からは想像しにくい酸味や甘さの感じにくいパイナップル🍍さでした。多分、この🍺はビアっぷるの勝手な憶測だがボトルの方がパインを存分に感じれそうな気がしてるが…気の所為かな?😅。とは言え、ホップは苦過ぎずそして控えめ過ぎずという感じでしたし、アルコール度数7.0%でも“飲みやすく爽やかさ”という点ではさすが。全体的なビールの完成度、そしてビール名がパイナップル+ヘイジーIPAをモジッてのシャレ感も考慮すると、もっともっとパイナップルの特徴を強調してもらえるヘイジーIPAだったら…と思ってしまうビアっぷるでした😅

はい、という事で今回は岐阜県は瑞浪市にある『Camado Brewery(カマドブリュワリー)』さんから、「PI-NE-IPA(ピーアイエヌイーアイピーエー)」を紹介しました。甘さのないヘイジーIPAとしてはさすがの🍺。皆さんも機会あれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る