【岐阜】カマドブリュワリー:「窯焚セッション レッドエール」を樽で飲んでみました~

カマドブリュワリー(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、岐阜県は瑞浪市である「Camado Brewery(カマドブリュワリー)」さんより、「窯焚セッション レッドエール」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回はボトルの『St.Orange Fog(ストレンジ・フォッグ)』はヘイジーでしたが今回はレジェンドが醸造のレッドエール。さて、どんな感じでしょうか😄

カマドブリュワリー(窯焚セッションレッドエール)_イメージ01

「Camado Brewery(カマドブリュワリー)」窯焚セッション レッドエール 詳細

ビール名:窯焚セッション レッドエール
ブルワリー名:Camado Brewery(カマドブリュワリー)
ビアスタイル:レッドエール
アルコール度数:5.0%
IBU:???
URL:Camado Brewery(カマドブリュワリー)
facebook:Camado Brewery(カマドブリュワリー)

それでは「窯焚セッション レッドエール」のビール画像はコチラです。

カマドブリュワリー(窯焚セッションレッドエール)_01

窯焚セッション レッドエール」飲み応えレビュー

見た目は、クリアな琥珀色という感じでしょうか
香りは、予想外にモルトよりホップさが強めに出てるかな
飲み口は、ホップの苦味はそこまで苦くはないが持続性では舌奥でジワジワ残るかな。また求めてる甘さはない。そして柑橘っぽさを感じながらモルティさが最後に少しだけ感じれるという印象。飲み後には甘さもほとんどなく、苦さも後味にジワジワ残る程度で抜けた特徴があるという感じよりはシンプルさの中にホップ寄りなレッドエールという印象でしょうか。ボディはライトで飲みやすいのだがやや薄くも感じ、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

ホップの違いで2種類リリースされてた…

この「窯焚セッション レッドエール」ですが、先ずビール名から。正式名称が『窯焚物語 第二楽章 窯焚きセッション レッドエール』との事で長い…ので、簡易的に省略させて頂いておりますのでご了承下さいませ😅。また、この🍺ですが、どうやら2種類リリースされてたようで最初は今年4月にエニグマを使ったバージョン。そして2回目は今月7月にリリースされ、ビアっぷるが飲ませてもらったバージョンです。その🍺はホップがサブローとギャラクシーの2種を使い、原材料にはビーツ?と“糖類”を加え醸造されたセッション寄りのレッドエール。いやぁ、ビアっぷるが苦手な“サブロー”を感じれなかったのは不幸中の幸いでしたが、モルト派のビアっぷるには“かなりホッピー寄りなレッドエール”は予想外で好みまでは至らなかった。レッドエールをあまり飲む機会は少ないが、南横浜ビール研究所さんの『American Red Ale(アメリカンレッドエール)/ver3.0』はホッピーな感じで、昨年Baccaさんで飲ませてもらった『ブルーベリーレッドエール』は完全にモルト寄り。と、ブルワリーさんによって違いはありますが今回のカマドさんのレッドエールは言葉で表現するのが難しくも、ビール自体の完成度と優しさも伝わるシンプルなレッドエール。ただ、今までとは少し違う“新鮮さ✨”を感じた一杯でした。中々樽(ドラフト)で飲める機会が少ないカマドさんのビールですが、長年レジェンドの🍺を飲ませてもらった身として賛否両論はあるとしても、ファーストバッチのバーレーワイン🍷が“商業的”になったのは残念。。。まぁ、コレも経営方針ですから仕方ない。いつかカマドさんのレジェンドが醸造したバーレーワイン🍷も飲める日が来るのを楽しみにしたいと思うビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は岐阜県は瑞浪市にある「Camado Brewery(カマドブリュワリー)」さんから、「窯焚セッション レッドエール」を紹介しました。ホッピーなレッドエールですが苦味は控えめ。皆さんも機会あれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る