【神奈川】南横浜ビール研究所:「ブリュットインペリアル」を樽で飲んでみました~

南横浜ビール研究所(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は神奈川県横浜市にある『南横浜ビール研究所』さんから「Brut Imperial(ブリュットインペリアル)/ver1.0」を樽(ドラフト)で飲みましたので紹介したいと思います。前回は『Double IPA(ダブルIPA)/ver3.02』でアルコール感が残り苦手な感じでしたが、今回はブリュットIPAのインペリアルバージョン!?…非常に興味をそそられるビール名だが…さて、どんな感じでしょうか😄

『南横浜ビール研究所』Brut Imperial(ブリュットインペリアル)/ver1.0 詳細

ビール名:Brut Imperial(ブリュットインペリアル)/ver1.0
ブルワリー名:南横浜ビール研究所
ビアスタイル:ブリュットインペリアル
アルコール度数:10.1%
IBU:約31
URL:南横浜ビール研究所
facebook:南横浜ビール研究所

コチラがその「Brut Imperial(ブリュットインペリアル)/ver1.0」のビール画像です。

南横浜ビール研究所(ブリュットインペリアル/ver1.0)_01

Brut Imperial(ブリュットインペリアル)/ver1.0」飲み応えレビュー

見た目は、クリアーでかなり綺麗な琥珀色って感じ
香りは、柑橘さが引き立ったホップ感が良い感じ
飲み口は、ホップの苦味はほとんどなく持続性も舌奥で微感じる程度でしょうか。また求めてる甘さをそれなりに感じれたのが嬉しい。そしてシャンパンの様な上品差を感じるがかなりドライさもある。飲み後には優しく上品な甘さのある不思議と“ぶどう🍇”を少々感じコクも感じれ好印象な反面、アルコール感がかなり残りMサイズでギリ飲みきれた感じ。ボディはライトで飲み応えもあるのだが余韻でもアルコール感が未だ残る…残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

“求めてる甘さ”を感じれたのが予想外

この「Brut Imperial(ブリュットインペリアル)/ver1.0」ですが、ホップはクライオのシトラとシムコー、そしてタラスにネルソンソーヴィンの計4種類を使い醸造された、ブリュットインペリアルですね。って…ブリュットIPAにインペリアルが付くなんて想像もしてませんでしたが、コンセプトは『ビールでシャンパーニュを倒しに行く』だそうです。いやはや今このヘイジーが流行ってる時代に、ブリュットを醸造される事すらマニアックな話しだがさすがビール変態(褒め言葉です)さん。常に異次元(褒め言葉です)な拘りを持って醸造される姿勢、そして考えがかなり好きなビアっぷる😅。ええ、今回のブリュットで感じたビアっぷるの感想としては、“求めてる甘さ”を感じるのが意外でしたが全体的に好み✨。ではあるが…いかんせんアルコール感が後に残り、飲みやすさの気持ちを削がれる印象。好みや感じ方は人それぞれだが、コレだけがホント惜しいポイント😵。アルコール度数はこのくらいでいいのだが、アルコール感さえ消えれば好みになってもおかしくないと思えたビールでした。次回リリースされる際には、更にブラッシュアップされたブリュット・インペリアルを期待したいビアっぷるでした😁

はい、という事で今回は神奈川県横浜市にある『南横浜ビール研究所』さんから「Brut Imperial(ブリュットインペリアル)/ver1.0」をご紹介しました。ブリュットIPAに未だ興味のある方こそこのブリュットを飲んでみて欲しい。そして皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る