【東京】ディスタントショアーズ:「ダンデライオンフラフ」を樽で飲んでみました~

ディスタントショアーズブルーイング(ロゴ)_03new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、東京都は東村山市にある『Distant Shores Brewing(ディスタントショアーズブルーイング)』さんから「Dandelion Fluff(ダンデライオンフラフ)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Hatos Healer. Version7(ハトスヒーラー V7)』で2022年の3月以来です。前回に続きまたもや久しぶり過ぎですが、飲める機会があったので飲ませて頂きました🍺。さて、どんな感じでしょうか😊

ディスタントショアーズブルーイング(ダンデライオンフラフ)_イメージ01

『Distant Shores Brewing(ディスタントショアーズブルーイング)』Dandelion Fluff(ダンデライオンフラフ) 詳細

ビール名:Dandelion Fluff(ダンデライオンフラフ)
ブルワリー名:Distant Shores Brewing(ディスタントショアーズブルーイング)
ビアスタイル:ピルスナー
アルコール度数:5.5%
IBU:???
URL:Distant Shores Brewing(ディスタントショアーズブルーイング)
facebook:Distant Shores Brewing(ディスタントショアーズブルーイング)

こちらが、その「Dandelion Fluff(ダンデライオンフラフ)」のビール画像です。

ディスタントショアーズブルーイング(ダンデライオンフラフ)_01

「Dandelion Fluff(ダンデライオンフラフ)」飲み応えレビュー

見た目は、クリアーな黄金色できれいですね~
香りは、悩んだ挙げ句“ちょいフラワリー”っぽいにします
飲み口は、ホップの苦味がかなり強めで持続性としては舌中・舌脇・喉奥と全て覆い尽くされる印象。また求めてる甘さはなし。そして口に含んだ瞬間心地よいホップのフレーバーは即消え、味わいがかなり物足りずやや“水っぽく”も感じる印象。飲み後には甘さがなく、温度上昇でホップの苦みが余韻にまでも炸裂。ボディはライトで深みや飲み応えは物足りず、スッキリドライで苦みが強すぎで全く飲み進まず…残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

スッキリドライでホップの苦みガツン!

この「Dandelion Fluff(ダンデライオンフラフ)」ですが、ホップはチェコ産のザーツとドイツ産のホップを使用も種類は不明。また、モルトや酵母の種類は記載がなくその他原材料も不明で醸造されたピルスナーですね。感想ですが、“よもやのチェコ産ザーツを感じにくかったのと、ホップの苦みがガツンと効いたスッキリで飲み応えが物足りなく感じたビール”という印象でした😅。うーん、ウルケル等などチェコ産ザーツを好むビアっぷるですが、瞬間心地よさは感じた箇所がザーツか?。アロマ・フレーバー共にザーツとわからなかったが、“フラワリーさ”を感じたので他のホップが主張されてる感じかなのかな。そしてビールの造りに関して、1年に1回くらいしか飲めておらず恐縮の中で何となくにはなるが…2018年に飲ませてもらった“Juice Tatsumaki(ジュース竜巻)”。そして冒頭で記載した2022年の“ハトスヒーラー”とはビールの造りが違うと思ったのは気の所為だろうか?。確かにホップ苦みも強調される事もあったが、深みや奥深さも伴っていた印象で好みは人それぞれで以前の方が造りの方が好みだったかなぁ~😅。ただ、ビアっぷるの好みとは違い“スッキリでドライなホップの苦みガツン系を好む方”には良いかも!。明らかにホップガツン系が減ったクラフトビール業界の中、懐かしのあの頃(約10年前のノースさんの旧IPA・あくらさんの旧キウイIPA等など)のホップガツン!な時代のビールを求めてる方こそ、ピルスナーなれどマッチするかも!?、興味ある方は是非一度お試しあれ~😊

はい、という事で今回は『Distant Shores Brewing(ディスタントショアーズブルーイング)』さんから「Dandelion Fluff(ダンデライオンフラフ)」をご紹介しました。ホップの苦みガツン系のピルスナー🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ日本のクラフトビール歴史は浅いが国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。性格的に醸造には丸っきり興味はないが、“好みは人それぞれ・人の舌は十人十色”を基本に飲み手として独自の感想(レビュー)を書かせて頂いてます。1人でも多くの方が国内のクラフトビールも海外と負けてないんだ、そして色々なビアスタイル(種類・味わい)がある事に興味を持って頂ける様ご紹介できればと思っています。長きに渡り毎日欠かさず投稿していますので、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ジョウゾビアベース(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、徳島県は阿南市にある『JouZo …
  2. 寒菊ブルワリー(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、千葉県は山武市にある『Kankik…
  3. シュレッドビールカンパニー(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、海外ビールとなりますがこのブログで…
ページ上部へ戻る