【長野】イナデイズブルーイング:「伊知古(いちご)」を缶で飲んでみました~

In a daze Brewing(ロゴ1)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、長野県は伊那市にある『In a daze Brewing(イナ デイズ ブルーイング)』さんから、「伊知古(いちご)/2022ver.」を缶で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回はヘイジーの『Hazy Daze Powder Day(ヘイジーデイズパウダーデイ)』で、今回が“恋姫いちご”を使われたジューシーペールエール🍺✨。さて、どんな感じか楽しみです😄

イナデイズブルーイング(伊知古/2022ver.)_イメージ01

『In a daze Brewing(イナ デイズ ブルーイング)』伊知古(いちご)/2022ver. 詳細

ビール名:伊知古(いちご)/2022ver.
ブルワリー名:In a daze Brewing(イナデイズブルーイング)
ビアスタイル:ジューシーペールエール
アルコール度数:5.0%
IBU:27
URL:In a daze Brewing(イナデイズブルーイング)
facebook:In a daze Brewing(イナデイズブルーイング)

こちらが、その「伊知古(いちご)/2022ver.」のビール画像です。

イナデイズブルーイング(伊知古/2022ver.)_缶01
イナデイズブルーイング(伊知古/2022ver.)_缶02

「伊知古(いちご)/2022ver.」飲み応えレビュー

見た目は、ヘイジーな濁りある濃いベージュという感じ
香りは、ほのかないちごっぽさとちょい柑橘なホップ感
飲み口は、ホップの苦味はややあり持続性としても舌奥や喉奥で残るが許容範囲内。また求めてる甘さはない。そしてほのかないちごの酸味とフレーバー感からちょいグレープフルーツ感が後追い。またフレッシュさもジューシーさも感じれ、飲み後には甘さが少しと微ホップの苦味に余韻でイチゴ感がほんのり。ボディはミディアムで口当り滑らかに飲みやすく飲み応えもあり。ビアっぷるは好みな方のビールでした✨

ほんのり×口に含んだ回数=好印象へ

この「伊知古(いちご)/2022ver.」ですが、ホップはエニグマにシトラとモザイクにアイダホ7の4種類。その他原材料にはオーツ麦、そして上伊那産で信州大学農学部の先生と農家さんと開発されたという“恋姫いちご”をたっぷり使い醸造されたジューシーペールエール🍺。先ず、缶ラベルが日本っぽさとちょい古風な感じ(公式:お姫様の着物に見立てたラベル)がビアっぷるにはこのビールにピッタリな感じ✨。そしてビールの方は、色味が茶色想定のジューシーペールエールだったが濃いベージュは好印象✨。そして一番気になってた“水っぽさ”は皆無。ええ、一口含んだ瞬間にいちご感が弱め!?と思うも…“ほんのり”さが飲むたび飲むたび何層にも何層にも重なってくると、ジューシーさ+ボディ感がうまく融合され絶妙なバランスとなり2度目の好印象😍。泡立ちも良く、感じ方は人それぞれも温度上昇の度にいちごさが段々薄れていくが、冷えてる内に飲み切るのをオススメ。また、“いちご感”がどう出るか気になるところだが是非樽(ドラフト)で飲んでみたいなぁ~と思ったビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、長野県は伊那市にある『In a daze Brewing(イナデイズブルーイング)』さんから「伊知古(いちご)/2022ver.」をご紹介しました。ほんのりいちごを層で感じてた後を楽しんで欲しいビール🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る