【長野】オラホビール:「クレイジーヘイジージョー」を缶で飲んでみました~

オラホビール(ロゴ)_03new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、長野県は東御市にある『Ohlaho Beer(オラホビール)』さんから、限定醸造の「Crazy Hazy Joe(クレイジーヘイジージョー)」を缶で飲みましたので紹介したいと思います。前回は雷電の『極め仕込みシークレットヘイジーIPA』でしたが、今回はキャプテンクロウのヘイジーIPAという感じですね✨。さて、どんな感じでしょうか😄

オラホビール(クレイジーヘイジージョー)_イメージ01

『Ohlaho Beer(オラホビール)』Crazy Hazy Joe(クレイジーヘイジージョー) 詳細

ビール名:Crazy Hazy Joe(クレイジーヘイジージョー)
ブルワリー:Ohlaho Beer(オラホビール)
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:5.0%
IBU:???
URL:Ohlaho Beer(オラホビール)
facebook:Ohlaho Beer(オラホビール)

コチラがその「Crazy Hazy Joe(クレイジーヘイジージョー)」のビール画像です。

オラホビール(クレイジーヘイジージョー)_缶01
オラホビール(クレイジーヘイジージョー)_缶02

「Crazy Hazy Joe(クレイジーヘイジージョー)」飲み応えレビュー

見た目は、泡立ちが非常に良くニゴニゴだが黄色よりブラウン寄り…
香りは、ホップアロマがふわ~っと感じれるちょい柑橘さ
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性は舌奥で優しく残る程度かな。また求めてる甘さはない。そして柑橘さのあるホップフレーバーは華やかだが、ジューシーさが控えめ。飲み後には甘さがなくエグみの様な苦味はやや残るかな。ボディはミディアム寄りのライトで、安価にしてはバランスは整ってる印象。滑らかな口当りで飲み応えもあるが、残念ながらビアっぷるの好みには至りませんでした💦

安価でコスパ良なヘイジーIPA

この「Crazy Hazy Joe(クレイジーヘイジージョー)」ですが、キャプテンクロウエクストラペールの姉妹品のビール🍺との事で一応グラスはキャプテンクロウを選びました😁。はい、先日7月26日(火)より全国のスーパーや酒販店で発売され、ビアっぷる行き付けの酒販店で偶然にも見つけ購入だが…350円(350ml缶)弱だったかな?安い!。はい、その新作ビールはホップの種類はわからず。また、その他原材料にラクトースを加え醸造されてるヘイジーIPAですね。ええ、WCBさんやインクホーンさんの様に色味・ジューシーさ・濃いヘイジーさを求めてるのは当然金額的にもお門違いですが、この安価でこの味は以前飲ませてもらった『Shinbashi SL Beer(新橋SLビール)』もそう正に企業努力の賜物。今回はジューシーさは物足りなく感じたが、その他泡立ちの良さに程よい苦味、ホップフレーバーに口当り滑らかさはしっかり。コレを機に、クラフトビールを1人でも多くの方が飲んでもらえるキッカケになればいいなぁ~✨と勝手に願うビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は長野県は東御市にある『Ohlaho Beer(オラホビール)』さんから「Crazy Hazy Joe(クレイジーヘイジージョー)」をご紹介しました。柑橘ホロ苦でコスパ良のヘイジーIPA🍺。皆さんも機会や興味があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る