【長野】オラホビール:「極め仕込みシークレットヘイジーIPA」を缶で飲んでみました~

オラホビール(ロゴ)_03new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は超久しぶりの登場ですが、長野県は東御市にある『Ohlaho Beer(オラホビール)』さんから、
ビエール・ド・雷電の季節限定仕込みビール「極め仕込みシークレットヘイジーIPA」を缶で飲みましたので紹介したいと思います。オラホさんのビールは…『Nouvelle Saison(ヌーベルセゾン)』以来。もう樽(ドラフト)より缶という印象で、飲む機会がだいぶ減ってしまったビアっぷるでしたがよもやのヘイジーIPAがリリースされており飲んでみる事に。さて、どんな感じでしょうか😄

オラホビール(ビエールド雷電)_イメージ01

『Ohlaho Beer(オラホビール)』極め仕込みシークレットヘイジーIPA 詳細

ビール名:極め仕込みシークレットヘイジーIPA
ブルワリー:Ohlaho Beer(オラホビール)
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:5.0%
IBU:20
URL:Ohlaho Beer(オラホビール)/雷電シリーズ
facebook:Ohlaho Beer(オラホビール)

コチラがその「極め仕込みシークレットヘイジーIPA」のビール画像です。

「極め仕込みシークレットヘイジーIPA」飲み応えレビュー

見た目は、濁りはあれど奇しくもくすんだベージュ色?
香りは、やや華やかなホップ感でヘイジーさを感じさせる
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性はほとんどないかな。また求めてる甘さはない。そして鉄っぽさを最初に感じたが、その後は柑橘さのあるホップフレーバーだがジューシーさが物足りずやや水っぽさも感じ味がかなり薄め。飲み後には甘さが少しと程様残るホップの苦味。ボディはライトだが残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

ジューシーさ等のヘイジー感が…

この「極め仕込みシークレットヘイジーIPA」ですが、先ずこの“極め仕込み”は2010年から長野県を中心に販売開始されており、『日本の四季と旬の味覚を楽しむ』をコンセプトに年に4回変わるビアスタイルを通して季節のめぐりを表現する限定ビールですね。そんな中、今回は依然大流行中のヘイジーIPAを醸造しされたシークレットビールとの事で思わず購入。ホップはアメリカンを使ったとの事で種類までは記載なし。また、その他原材料も缶やサイトには麦芽の記載のみ!?の、ヘイジーIPA。飲ませて頂きその後複数のビア仲間とも話しましたが、言葉は悪いが…“昔ながらのヘイジーIPA”という印象😅。当時国内でヘイジーが出た時に醸造するブルワリーさんも少なく伊勢角さんは突出していたが、その他稀に出てきたブルワリーさんの感じに似てるかな。そうなると…以前飲ませてもらったDHCさん醸造の『Shinbashi SL Beer(新橋SLビール)』の方が、色味はやはり微妙ながら味的にもコスパの良いヘイジーIPAだったかな✨。ええ、好みは人それぞれですがオラホさんにて再度ヘイジーIPAがリリースされた際には、どう変化しているか改めて飲んでみたいと思うビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は長野県は東御市にある『Ohlaho Beer(オラホビール)』さんから、「極め仕込みシークレットヘイジーIPA」をご紹介しました。ヘイジー感香る薄めのヘイジーIPA。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る