【長野】松本ブルワリー:「リマーカブルクリアIPA」を樽で飲んでみました~

松本ブルワリー(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、長野県は松本市にある『Matsumoto Brewery(松本ブルワリー)』さんから、「REMARKABLE CLEAR IPA(リマーカブルクリアIPA)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回の『HAT TRICK IPA(ハットトリックIPA)』は…でしたがそれ以来ですね。今回は、純粋なIPAという事ですが諸事情により少し気になったので飲んでみました。さて、どんな感じでしょうか😄

松本ブルワリー(リマーカブルクリアIPA)_イメージ01

『Matsumoto Brewery(松本ブルワリー)』REMARKABLE CLEAR IPA(リマーカブルクリアIPA) 詳細

ビール名:REMARKABLE CLEAR IPA(リマーカブルクリアIPA)
ブルワリー名:Matsumoto Brewery(松本ブルワリー)
ビアスタイル:IPA
アルコール度数:7.0%
IBU:66
URL:Matsumoto Brewery(松本ブルワリー)
facebook:Matsumoto Brewery(松本ブルワリー)

こちらが、その「REMARKABLE CLEAR IPA(リマーカブルクリアIPA)」のビール画像です。

松本ブルワリー(リマーカブルクリアIPA)_01

REMARKABLE CLEAR IPA(リマーカブルクリアIPA)」飲み応えレビュー

見た目は、超クリアーな黄金色という感じで綺麗ですね~
香りは、柑橘さのある華やかさがかなり好み
飲み口は、ホップの苦味はIBU66という事もありややありで持続性は舌奥で少し残る感じ。また求めてる甘さを少し感じるかな。そして柑橘系のホップフレーバーが華やかで、苦味は想定よりは控えめで許容範囲内。ボディはライトでドライでもちゃんと飲み応えも感じれる。全体的ビールバランスが凄く好みですが、味と苦味的に残念ながら好みではありませんでした💦

シンプルでも奥深く雑味のないIPA

この「REMARKABLE CLEAR IPA(リマーカブルクリアIPA)」ですが、ホップはシムコーとシトラの2種類。そして原材料にはモルト・酵母等はともかく、コリアンダーシードを使い醸造されているIPAですね。えっと、以前にもお伝えしてる通りマツモトブルワリーさんのビールはホップの苦味が強く感じ苦手なビールが多い印象。その中でも今回はギリ許容範囲内の苦さだでしたが、以前の『STEEZY IPA(スティージーIPA)』に比べ今回の方が雑味もなく、コリアンダーシードの部分がピンとこなかったが全体的なバランスが凄く整ってる感じでかなり好印象でした✨。まだまだヘイジーIPAが流行ってる時代の中『ホップの苦味と飲みやすさを追求されたシンプルでも雑味のない王道IPA』という感じは“苦味のあるIPA好き”にはかなり好まれるであろう一杯🍺では!?。ただ…後味のホップの苦味や味的にはやっぱり苦手なビアっぷる。コレばかりは好みは人それぞれですが、矛盾してると言われそうだが“ビールの造り”には興味津々。また機会があれば、王道IPAなら飲んでみたいと思っているビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、長野県は松本市にある『Matsumoto Brewery(松本ブルワリー)』さんから、「REMARKABLE CLEAR IPA(リマーカブルクリアIPA)」をご紹介しました。シンプルで雑味のないIPA。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る