【静岡】リパブリュー:「沼津ヘイジーIPA」を樽で飲んでみました~

リパブリュー(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は沼津市にある『Repubrew(リパブリュー)』さんより「Numazu Hazy IPA(沼津ヘイジーIPA)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『その日暮らしIPA』でしたが、今回はビアっぷるの勘違いですが、ビール名で注文したら…“沼津クラフト”さんのビール🍺ではなく、リパブリューさんが醸造されたヘイジーIPAでした😅

リパブリュー(沼津ヘイジーIPA)_イメージ01

『Repubrew(リパブリュー)』Numazu Hazy IPA(沼津ヘイジーIPA) 詳細

ビール名:Numazu Hazy IPA(沼津ヘイジーIPA)
ブルワリー:Repubrew(リパブリュー)
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:6.2%
IBU:23
URL:Repubrew(リパブリュー)
facebook:Repubrew(リパブリュー)
備考:定番ですが限定醸造カテゴリに入れます

こちらが「Numazu Hazy IPA(沼津ヘイジーIPA)」のビール画像になります。

リパブリュー(沼津ヘイジーIPA)_01

「Numazu Hazy IPA(沼津ヘイジーIPA)」飲み応えレビュー

見た目は、ニゴニゴの濃いオレンジ色という感じでしょうか
香りは、やや柑橘っぽさが強めに感じれるかな
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性は舌奥で少し残るが許容範囲内。また求めてる甘さはない。そしてグレープフルーツの様な柑橘さからシトラス的な爽やかさにトロッピカルさが後に残るかな。飲み後には欲しい甘さがなく、ドライな感じでボディはミディアム。口当たりもよくトロみも少しあり、飲み応えもある。全体的にバランスの取れたヘイジーと思ったが、残念ながら甘さの部分だけが足りず好みではありませんでした💦

全体的なバランスが好みも…

この「Numazu Hazy IPA(沼津ヘイジーIPA)」ですが、ホップはシトラとモザイクに…“??????”とドライホップにもう1種類…種類は内緒だが使われてるという解釈で良いのかな?で、3種類使われてる様です。また、その他原材料にはオーツ麦等を使い醸造されたヘイジーIPA。今回は、久しく『沼津クラフト』さんを飲んでないなぁ~と思い頼んだら、ビアっぷるの勘違いでリバブリューさんでした😅。これも縁ですし飲ませて頂いたのですが…凄く申し訳ない気持ちになった😵。というのも、公式サイトのコメントでリパブリューさんのブルワーさんやお客さんにとって“ドライなヘイジー”が人気との事。そして今回のビール説明には、“少しだけドライに仕上げた”様でそれがビアっぷるには少しには感じれず、かなりドライに思え好みと相反するのを偶然ではあるが飲んでしまったのが申し訳ないところ。全体的なバランスは素晴らしく整ってる印象だっただけに、“欲しい甘ささえあれば…”というのがビアっぷるの本音。ファンの嗜好ありきだし、リバブリューさんのビールをあまり飲んでなく恐縮でもあるが…いつかこの同じビールで甘さが出た際には是非飲んでみたいなぁ~✨と思っているビアっぷるでした😅

はい、という事で今回は、静岡県は沼津市にある『Repubrew(リパブリュー)』さんより「Numazu Hazy IPA(沼津ヘイジーIPA)」をご紹介しました。バランスの取れたドライなヘイジーIPA。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る