【東京】インクホーンブルーイング:「マウンテンブルーバード」を樽で飲んでみました~

インクホーンブルーイング(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、東京都は豊島区目白にある『Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)』さんから、「Mountain Bluebird(マウンテンブルーバード)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は、『Udolpho(ウドルフォ)』のヘイジーでもサワーIPAでしたが、今回はヘイジーIPA。さて、どんな感じでしょうか😄

インクホーンブルーイング(マウンテンブルーバード)_イメージ01

『Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)』Mountain Bluebird(マウンテンブルーバード) 詳細

ビール名:Mountain Bluebird(マウンテンブルーバード)
ブルワリー:Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:6.7%
IBU:???
URL:Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)
facebook:Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)

こちらがその「Mountain Bluebird(マウンテンブルーバード)」のビール画像です。

インクホーンブルーイング(マウンテンブルーバード)_01

「Mountain Bluebird(マウンテンブルーバード)」飲み応えレビュー

見た目は、にごにごのオレンジ色という感じでしょうか
香りは、ダンク?いや…グラッシー?に思える強めなホップ感
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性は舌先で少しだけ残る感じでかな。また求めてる甘さはない。そしてダンクさとグラッシーさの合いの子の様なホップフレーバーからの、意外なピーチ感。飲み後には甘さも微ありホロ苦さが追いかけてくる。ボディはミディアム寄りのライトで口当たりも良く飲みやすいが、残念ながら飲み応えが物足りずでビアっぷるの好みではありませんでした💦

コラボだそうだが…?

この「Mountain Bluebird(マウンテンブルーバード)」ですが、ホップはアイダホ7のクライオとシトラクライオにシトラの計3種類を使われた様です。またその他原材料には、特に変わった材料は使われてませんが酵母にてWCBさんで一時よく目にした“ヴァーダント酵母”を使い醸造されたヘイジーIPAとの事。そしてこのビールは、“Yakima Chief Hops”さんとのコラボビールだそうです。公式サイトに『クライオのアイダホ7を分けて頂いた…』と記載があるが、コラボの要素はどこだろうか?。アイダホ7クライオは現在手に入りにくいのか?分けてもらった事がコラボ?、いやフルーティに寄せた事を話し合った事がコラボ?うーん、それでコラボという言葉はちょっと…まぁ、何かあるのでしょうね😅。それはさておき、味は人それぞれで好みとしても、ビールとして全体的なバランスは良く感じましたし、ビアっぷるが以前から感じていた“飲み込んだ後の水っぽさ”もほとんど感じなかったのが嬉しい限り。見た目や飲みやすさ、拘りに関してはビール説明を詳細に記載して頂いてるので伝わる分、今後濃くアルコール度数が高いヘイジーが出ればビアっぷる舌に合う確率は高い印象。好みな『Danger Raptor(デンジャーラプター)』に次ぐビール🍺を楽しみにしているビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は東京都は豊島区目白にある『Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)』さんから、「Mountain Bluebird(マウンテンブルーバード)」をご紹介しました。ダンクという言葉よりグラッシーな印象のヘイジーIPA。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • ラーメン、ビール、いわき
    • 2022年 1月 24日

    コラボ要素は、分けてもらったことだと思います。
    クライオ自体がYCHの技術ですし、以前うちゅうもYCHコラボとしてクライオ使用のビールを出していたことがあったはずです。

      • ビアっぷる
      • 2022年 1月 24日

      ラーメン、ビール、いわき様

      やはり、“分けてもらった事”がコラボという感じになりそうですね
      また、うちゅうさんとヤキマさんのコラボの時は、新しい“クライオポップ”だった?記憶があります。
      が、今回は新ホップではなさそう?で普通にあるホップでは?…と、思ってしまいコラボ要素は?の流れに。
      何かあるのなら知りたいなと思いましたが、“分けてもらっった事”がコラボの様ですね。

      本文を読んで頂き、そしてコメントも頂けありがとうございました!
      この様なサイトですが、引き続きビアナビを宜しくお願い致します。

ページ上部へ戻る