【愛知】ワイマーケットブルーイング:「ゴールデンウィラメット」を樽で飲んでみました~

Y.MARKET BREWING(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、愛知県は名古屋市にある『Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)』さんから、「Golden Willamette(ゴールデンウィラメット)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Beneath The Planet Of The Peaches 3(続・桃の惑星3)』でしたが、あれから約2ヶ月過ぎましたが、今回はゴールデンエールという事でどんな感じか楽しみです😄 

ワイマーケットブルーイング(イメージ画像)_01

『Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)』Golden Willamette(ゴールデンウィラメット) 詳細

ビール名:Golden Willamette(ゴールデンウィラメット)
ブルワリー名:Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)
ビアスタイル:アメリカンゴールデンエール
アルコール度数:5.5%
IBU:25
URL:Y.MARKET BREWING
facebook:Y.MARKET BREWING

コチラがその「Golden Willamette(ゴールデンウィラメット)」ビール画像です

ワイマーケットブルーイング(ゴールデンウィラメット)_01

「Golden Willamette(ゴールデンウィラメット)」飲み応えレビュー

見た目は、薄濁りなブラウン寄りという感じでしょうか
香りは、やや良い意味でメロンっぽい感じがするのは気の所為か?
飲み口は、ホップの苦味はややあり持続性は舌奥でジワジワ残る感じかな。また求めてる甘さはない。柑橘ホップフレーバーやモルトフレーバーが優しく心地よさからの、やや苦味が残るホップ感。飲み後にはちょい渋みを感じるのとモルトの甘さがかなり控えめ過ぎな印象。ボディはライトで飲みやすさに飲み応えもあるが、ゴールデンエールに欲しいモルトの甘さと深みが最後まで伝わらず、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

ホップ’モルトのフーバーが心地よい

この「Golden Willamette(ゴールデンウィラメット)」ですが、ホップはビール名の如くウィラメットのみのシングルホップ。その他原材料は記載がなくわからずですが、変わった原材料は使わず良い意味でシンプルに醸造されたゴールデンエールという感じ。ビアっぷるが求めるゴールデンエールはホップの苦味が弱めでモルトの甘さが強めに出たのが好み。今回はホップの苦味は控えめでモルトの甘さが思ったより控えめ過ぎた印象だが、好感が持てたホップフレーバーとモルトフレーバーからはちょっと想像とは違ったかな😅。好みは人それぞれだが、ビール自体のベースは文句なしですし甘さが欲しいビアっぷるには物足りなさが残った反面、“ホップの苦味は控えめで甘さ控えめのゴールデンエールを好む方”には、飲みやすさとフレーバーの良さから2杯、3杯とかなり好まれそうな印象✨。今やワイマさんのビールを樽(ドラフト)を見かけるのが少なくなり、ビア仲間からも“ワイマさんは缶で飲んでる”との言葉。時代的にも金額的にも仕方ないかもしれないが、是非樽(ドラフト)でも飲んでみて欲しいと思うビアっぷるでした😅

はい、という事で今回は愛知県は名古屋市にある『Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)』さんから、「Golden Willamette(ゴールデンウィラメット)」をご紹介しました。ホップ&モルトフレーバーが心地よいゴールデンエール。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る