【神奈川】レボブルーイング:「アロアロIPA」を樽で飲みました~

レボブルーイング(ロゴ)_01new2

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、神奈川県は横浜市にある『Revo Brewing(レボブルーイング)』さんの「Aloalo IPA(アロアロIPA)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Barley Wine(バーレイワイン)2020ver.』でしたが、今回はサワーIPAですね。久しぶりに飲ませて頂くレボさんですが、どんな感じでしょうか😄

レボブルーイング(アロアロIPA)_イメージ01

『Revo Brewing(レボブルーイング)』Aloalo IPA(アロアロIPA) 詳細

ビール名:Aloalo IPA(アロアロIPA)
ブルワリー名:Revo Brewing(レボブルーイング)
ビアスタイル:サワーIPA
アルコール度数:5.5%
IBU:36
URL:Revo Brewing(レボブルーイング)
facebook:Revo Brewing(レボブルーイング)

こちらが「Aloalo IPA(アロアロIPA)」のビール画像になります。

レボブルーイング(アロアロIPA)_01

「Aloalo IPA(アロアロIPA)」飲み応えレビュー

見た目は、クリアーな琥珀色という感じでしょうか
香りは、控えめなココナッツ感と乳酸菌っぽさが優しめに
飲み口は、ホップの苦味はややあるが持続性としてはさほど残らないかな。また求めてる甘さはない。そしてハイビスカス?の様なフラワリーさが心地よくトロピカルな感じ。後追いにココナッツ感と弱めな乳酸菌っぽさが感じれる。飲み後には甘さがなくグレープフルーツの様な微エグみとホロ苦さ。ボディはライトで飲み応えも弱く申し訳ないが…かなり水っぽくサワー感も物足りない。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

サワー感がかなり控えめ…

この「Aloalo IPA(アロアロIPA)」ですが、ハワイ語でハイビスカスを意味する“aloalo(アロアロ)”。ビール名が良いですね~✨。さて、ビールの詳細ですがホップはサブローのみ?の様です。また、その他原材料にはハイビスカスと、ラクトースを使い醸造されたサワーIPAとの事。意外にも原材料に記載がないが“ココナッツ感”を感じるところは面白いですね😄。ただ、感じ方は人それぞれもいかんせん“水っぽさ”+“サワー”感が物足りないと思うのはビアっぷるだけ?😅。好みとしてはもっと深みのあり酸味がやや出てる方が好みなビアっぷるですが、“サワーの酸味が控えめ”なビール🍺を求めてる方や“サワー初めての方”には非常に飲みやすいとは思えますので気になる方は是非。いきなりですが話は変わり、思い出したのが…2020年の12月に飲ませてもらったバッチの『Yokohama Iekei IPA(横浜家系IPA)』が飲みたいなぁ😍。というのも2021年の2月にも現地で飲ませて頂いたが、甘さが減っておりこのブログでは結局挙げずじまい😵。これもクラフトビールの醍醐味ではあるが、ビアっぷるが好みの甘さのある濃いヘイジーがリリースされた際には是非また飲ませて頂きたいと思うビアっぷるでした😄

はい、という事で神奈川県は横浜市にある『Revo Brewing(レボブルーイング)』さんの「Aloalo IPA(アロアロIPA)」をご紹介しました。酸味はかなり控えめでハイビスカス+ココナッツ感のサワーIPA。
皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る