【熊本】アマクサソナービール:「ビエンナーレ」を樽で飲んでみました~

アマクサソナービール(ロゴ)_03new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、熊本県は天草市にある『AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)』さんより、「Biennial(ビエンナーレ)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Sweet whispers(スウィートウィスパーズ)』の樽(ドラフト)をご紹介し、久しぶりにアマクサさんの“らしさ”を感じたスムージーでしたが、今回もスムージーサワーです✨。さて、どんな感じでしょうか😄 

アマクサソナービール(ビエンナーレ)_イメージ01

『AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)』Biennial(ビエンナーレ) 詳細

ビール名:Biennial(ビエンナーレ)
ブルワリー:AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)
ビアスタイル:フルーツスムージーサワー
アルコール度数:4.5%
IBU:???
URL:AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)
facebook:AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)

こちらが「Biennial(ビエンナーレ)」のビール画像になります。

アマクサソナービール(ビエンナーレ)_01

「Biennial(ビエンナーレ)」飲み応えレビュー

見た目は、ドロドロを感じさせ色的に美味しそうでは?…と思ったベージュ色
香りは、ピーチ感だけがかなり突出してる感じも爽やか
飲み口は、ピーチ感の華やかさと爽やかさにほのかなパインの様な酸味が追いかけてくる。ただほぼ桃感が強く桃スムージーという感じで、他の原材料が負けてる印象。飲み後には甘ったるさのない甘やかな感じな絶妙さは好ポイント。ボディはミディアムでドロドロさはなくサラッとした口当たりで飲みやすい。桃ジュース感を強く感じてしまい、残念ながらビアっぷるの好みには至りませんでした💦

桃全開のサラサラなスムージー…

この「Biennial(ビエンナーレ)」ですが、今回もホップの使用はなし。またその他原材料には、熊本産キャロットジュースにピーチとバナナ、パイナップルにパッションフルーツ、更にはソフトクリームにバニラビーンズ等などを加え醸造されたフルーツスムージーサワーの様です。ビアっぷる的にややスムージーサワーに興味が薄くなってきてますが…タイミング的に飲める機会もあり、スムージーサワーと言えばアマクサさん!の印象が強いビアっぷる😅。ただ今回のスムージーサワーは桃だけが強めに感じてその他が…という感じでしたので、やはり『SPREAD(スプレッド)』や『Dress Up(ドレスアップ)/果肉入りver.』の衝撃なスムージーサワーという感じは感じれませんでした😵。その好みな前2つがアルコール度数7.0%と7.5%に対して今回は4.5%。それもあってか?感じ方は人それぞれも、飲み応えにも大きく違いが出たしいつものビアカクテルというよりは“桃スムージージュース”な感じなので、スムージーサワーを初めて飲まれる方や女性の方には凄く好まれそう✨。次回からは、“余程興味のある原材料”、若しくは“完全にドロドロ”だったら飲ませてもらおかなと思っているビアっぷるでした😁

はい、という事で今回は、熊本県は天草市にある『AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)』さんより「Biennial(ビエンナーレ)」をご紹介しました。アルコールというよりは、桃スムージーサワージュースな感じ。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る