【和歌山】ノムクラフトブリューイング:「グリーンマジック」を樽で飲んでみました~

ノムクラフト(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、和歌山県は有田郡にある『Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)』さんから「Green Magic(グリーンマジック)」を樽(ドラフト)で飲みましたでご紹介したいと思います。前回は『Cuppa Nachi(カップオブナチ)』でしたが、今回はノムクラフトさん初の“準レギュラー”ビールに昇格したというヘイジーIPA🍺✨。ビアっぷるは初飲みですが、どんな感じでしょうか😄 

ノムクラフトブリューイング(グリーンマジック)_イメージ01

『Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)』Green Magic(グリーンマジック) 詳細

ビール名:Green Magic(グリーンマジック)
ブルワリー名:Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:6.5%
IBU:46
URL:Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)
facebook:Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング) https://www.facebook.com/Nomcraft/

コチラがその「Green Magic(グリーンマジック)」のビール画像です。

ノムクラフトブリューイング(グリーンマジック)_01

「Green Magic(グリーンマジック)」飲み応えレビュー

見た目は、薄濁りで明るめな山吹色という感じでしょうか
香りは、柑橘さとちょい桃の様なフルーティーさも
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性はやや舌奥で残る方かな。また求めてる甘さはない。そして柑橘さのあるホップフレーバーから、やや抑えめなダンクっぽいフレーバーとトロピカル感。ジューシーさは思ったより控えめ。口当たりは滑らかで飲み後には甘さがなく、ボディはミディアム。飲み応えはありやや濃さも感じるが、飲みやすさは…で、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

期待しちゃう“史上最大のホップ量”の言葉

この「Green Magic(グリーンマジック)」ですが、ホップはモザイクとシトラ、シムコーにカスケードの4種類を使用。そして酵母はイングリッシュエールで、その他原材料にはオーツ麦等を使い醸造されたヘイジーIPAとの事。今回のビールですが、公式サイトには『ノムクラフトさん史上最もホップを使用したと言っても過言ではないホッピーなビール』と記載。以前から思ってる事だが、“史上最大量のホップ”の部分。ブルワリーさんの設備的な規模により“史上最大ホップ量”も異なるのも事実ですが、飲み手としては捉え方は人それぞれもその言葉を使われるとやはり期待してしまうのも事実。因みに今回は論物足りなさを感じてしまった😅。“濃さ”や“飲み応え”はダブルではないヘイジーIPAさをギリ感じれたが…ジューシーさは物足りず。やはりヘイジーには“濃さ”を求めるビアっぷるだけに理想と現実の乖離が大きかったと感じてしまいした。そして不思議体験を1つ。“飲みやすさ”の部分で、ホップの種類でもなくビールのデキ自体でもない。ましてや飲みすぎてもないし体調が悪い訳でもないのに…何故だが本当に飲み進まなかった。もちろん最後まで飲み切るのは当然ですが、“?”が10個くらい付くほど何故?…を感じたビアっぷるでした😵。

はい、という事で今回は、和歌山県は有田郡にある『Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)』さんから「Green Magic(グリーンマジック)」をご紹介しました。ノムさん史上最大ホップ量を使った“ヘイジーIPA“🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る