【和歌山】ノムクラフトブリューイング:「ヘッジホッグソックス」を樽で飲んでみました~

ノムクラフト(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、和歌山県は有田郡にある『Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)』さんから「Hedgehog Socks(ヘッジホッグソックス)」を樽(ドラフト)で飲みましたでご紹介したいと思います。前回はヘイジーの『Green Magic(グリーンマジック)』でしたが、今回は最近ハマり気味のケルシュでコーヒーを使ったビール🍺。さて、どんな感じでしょうか😄 

ノムクラフトブリューイング(ヘッジホッグソックス)_イメージ01

『Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)』Hedgehog Socks(ヘッジホッグソックス) 詳細

ビール名:Hedgehog Socks(ヘッジホッグソックス)
ブルワリー名:Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)
ビアスタイル:ケルシュ with コーヒー
アルコール度数:5.0%
IBU:27
URL:Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)
facebook:Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)

コチラがその「Hedgehog Socks(ヘッジホッグソックス)」のビール画像です。

ノムクラフトブリューイング(ヘッジホッグソックス)_01

「Hedgehog Socks(ヘッジホッグソックス)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある薄い山吹色という感じでしょうか
香りは、グッと土っぽいコーヒー感が…
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性もそこまで残らないかな。また求めてる甘さはない。そしてアーシーさからのコーヒーフレーバーが後からふわっと。ただ、ケルシュ感が完全にコーヒーに飲み込まれてる印象で感じれない。飲み後には甘さがなく苦味は優しくジワジワ。ボディはライトで飲みやすいが温度が上がってもコーヒーのビールという感じで残念ながら好みではありませんでした💦

ケルシュ<コーヒー

この「Hedgehog Socks(ヘッジホッグソックス)」ですが、ホップはHBC472にHBC630、更にモザイクの3種類。その他原材料にはオーツ麦に、東京は世田谷の『Dells Coffee(デルズコーヒー)』さんのインドネシア産とブラジル産の深煎りコーヒー豆を2度に分けて使い醸造されたケルシュですね。因みに新種ホップの2種類は、“ベリー”や“木”の香りがする様です。さて、ビール🍺ですが、感じ方は人それぞれも想定内という感じだったのが…ケルシュ感がほとんど消えてしまってる印象を受けた😵。ケルシュのベースがあって、そこへコーヒーが乗っかるのを想定も、コーヒーの特徴を生かすべく逆に拘りが強すぎたか!?ベースにいるはずのケルシュが感じれずコーヒービールという結論に至ってしまった💦。逆に、コーヒーのビールを飲みたい方にはしっかりコーヒーの特徴が生かされたビールと思えるので好まれると思う。が、ケルシュを飲みたいと思ってたビアっぷるには…モルト感、そして控ええなコーヒー感のなケルシュで再度飲んでみたいなと思ってしまったビアっぷるでした😅

はい、という事で今回は、和歌山県は有田郡にある『Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)』さんから「Hedgehog Socks(ヘッジホッグソックス)」をご紹介しました。コーヒーがしっかり生かされたビール🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る