シュマッツ×AJB:「グレープフルーツケルシュ」を樽で飲んでみました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、ドイツレストランの『Shmatz(シュマッツ)』さんと長野県は下高井郡にある『Anglo Japanese Brewing(アングロジャパニーズブルーイング)』さんのコラボビール、「Grapefruit Kölsch(グレープフルーツケルシュ)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。はい、『里武士・馬車道』さんで初醸造となるペールエールがありましたが…ええ、敢えてスルーでこのケルシュを飲みたい天の邪鬼なビアっぷるです😅

シュマッツ×アングロジャパニーズブルーイング(グレープフルーツケルシュ)_イメージ01

『シュマッツ×AJB』Grapefruit Kölsch(グレープフルーツケルシュ) 詳細

ビール名:Grapefruit Kölsch(グレープフルーツケルシュ)
ブルワリー名:シュマッツ×AJB(Anglo Japanese Brewing)
ビアスタイル:ケルシュ
アルコール度数:5.0%
IBU:???
facebook:Shmatz(シュマッツ)
facebook:Anglo Japanese Brewing(アングロジャパニーズブルーイング)

こちらが、その「Grapefruit Kölsch(グレープフルーツケルシュ)」のビール画像です。

シュマッツ×アングロジャパニーズブルーイング(グレープフルーツケルシュ)_01

「Grapefruit Kölsch(グレープフルーツケルシュ)」飲み応えレビュー

見た目は、クリアーな黄金色という感じでしょうか
香りは、グレープフルーツと華やかに感じるモルト感
飲み口は、ホップの苦味はややあるが持続性は舌中でやや残るかな。また求めてる甘さはない。そしてグレープフルーツの爽やかさと控えめなモルト感だがフレーバーが優しく心地よい。飲み後にはちょい甘やかさに柑橘のエグみが残らないホロ苦さ。ボディはライトで飲みやすいが温度が上がると味が垂れてきた印象で、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

グレープフルーツ>ケルシュ かな

この「Grapefruit Kölsch(グレープフルーツケルシュ)」ですが、ドイツビールレストランの“Schmatz(シュマッツ)”さんとのコラボビールだそうです。ホップはハラタウブランのみ?。またモルトはピルスナーとヴィエナを使い醸造されたグレープフルーツケルシュとの事。なるほど…原材料でグレープフルーツを加えたのではなく、“グレープフルーツのビールを加えて”醸造されてる様です😅。そのケルシュですが、ケルシュ感はあるのだがかなり弱めで奥深さを求めてる方には物足りなさを感じそうな反面、グレープフルーツの方が前に出ており、爽やかさや飲みやすさに加えシトラス感を求められる方には合いそう✨。そういえば…先月うちゅうさんでも『QUANTUM -Yuzu-(クオンタム ゆず)/No.502』のケルシュに柚子を使ってましたが、柑橘系を使ったケルシュ…どうもビアっぷる苦手そうで純粋なケルシュがいいかなと実感しました😅。さて、今回は『里武士・馬車道』さんにて飲ませて頂きましたが、シュマッツさんではオンラインショップで缶を販売されてる様です。興味ある方は是非購入してみて下さいね~😄

はい、という事で今回は『Shmatz(シュマッツ)』さんと『Anglo Japanese Brewing(アングロジャパニーズブルーイング)』さんのコラボビール、「Grapefruit Kölsch(グレープフルーツケルシュ)」をご紹介しました。ケルシュと言えどグレープフルーツ寄りな印象のビール🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて欲しいですね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る