【愛知】トートピアブルワリー:「トロポフォビア」を樽で飲んでみました~

トートピアブルワー(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、愛知県は長久手市にある『Totopia Brewery(トートピアブルワリー)』さんから「Tropophobia(トロポフォビア)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Technophobia(テクノフォビア)』でしたが、すいません、ブログアップが抜けてました😵。前回に続き今回も、再度DDHヘイジーIPAの様ですがどんな感じでしょうか😄

トートピアブルワリー(トロポフォビア)_イメージ01

『Totopia Brewery(トートピアブルワリー)』Tropophobia(トロポフォビア) 詳細

ビール名:Tropophobia(トロポフォビア)
ブルワリー:Totopia Brewery(トートピアブルワリー)
ビアスタイル:DDHヘイジーIPA
アルコール度数:6.7%
IBU:???
URL:Totopia Brewery(トートピアブルワリー)
facebook:Totopia Brewery(トートピアブルワリー)

こちらがその「Tropophobia(トロポフォビア)」のビール画像です。

トートピアブルワリー(トロポフォビア)_01

「Tropophobia(トロポフォビア)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りより“くすみ”のある山吹色という感じかな
香りは、グラッシーさが気になるもヘイジーさもしっかり
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性は舌中でちょい残るかな。また求めてる甘さはない。そしてトロピカルさに柑橘っぽさも感じるが、何より苦手な感じはせずともグラッシーさが全面に強調されつつ、ジューシーさは感じれず。飲み後には甘さがなく、苦味は温度上昇でちょいUPも許容範囲内。ボディはミディアムで飲み応えはあるが、残念ながら深みを感じれず好みではありませんでした💦

ヘイジー系よりサワー系が得意なのかな?

この「Tropophobia(トロポフォビア)」ですが、ホップはシトラクライオにネルソンソーヴィン、ギャラクシーの3種類。そしてその他原材料の記載がないが、DDHヘイジーIPAを醸造されています。うーん、冒頭にリンクした前回の『Technophobia(テクノフォビア)』と原材料はホップの違いだけなのかな?と思いつつ、どちらも似たような印象で造りが荒く感じる😵。そうなると…トートさんのビールで初飲みだったサワーIPAの『Acerophobia(アセロフォビア)』は好みと感じたが…サワーは比較的得意でヘイジーはあまり得意ではないのかな?😅。感じ方は人それぞれですが、次こそは…と思ってる中で先日缶バージョンもリリースされたという、樽(ドラフト)のヘイジーIPA『Neophobia(ネフォビア)』が気になってます。アルコール度数7.1%に上がり、今まで飲ませて頂いた中では最高のアルコール度数。さて、どの様に変化されてるのか気になりますし近日どこかで飲める機会があれば是非飲ませて頂こうと思うビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、愛知県は長久手市にある『Totopia Brewery(トートピアブルワリー)』さんから「Tropophobia(トロポフォビア)」をご紹介しました。グラッシーさを強調された印象のヘイジーIPA🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る