【千葉】寒菊ブルワリー:「彗星 酒粕スムージー(マンゴー杏仁)」をボトルで飲んでみました~

寒菊ブルワリー(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、千葉県は山武市にある『Kankiku Brewery(寒菊ブルワリー)』さんから「彗星 酒粕スムージー(マンゴー杏仁)」をボトルで飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『山田錦 酒粕スムージー(バナナプディング)』で、今回もビア仲間から頂いた酒粕スムージー✨。さて、前回が好みだっただけに今回はどんな感じでしょうか😄

『Kankiku Brewery(寒菊ブルワリー)』彗星 酒粕スムージー(マンゴー杏仁) 詳細

ビール名:彗星 酒粕スムージー(マンゴー杏仁)
ブルワリー名:Kankiku Brewery(寒菊ブルワリー)
ビアスタイル:酒スタイルフルーツサワースムージー
アルコール度数:5.0%
IBU:???
URL:Kankiku meijo(寒菊銘醸)
facebook:Kankiku Brewery(寒菊ブルワリー)

こちらが「彗星 酒粕スムージー(マンゴー杏仁)」のビール画像になります。

寒菊ブルワリー(彗星 酒粕スムージー マンゴー杏仁)_ボトル01
寒菊ブルワリー(彗星 酒粕スムージー マンゴー杏仁)_ボトル02

「彗星 酒粕スムージー(マンゴー杏仁)」飲み応えレビュー

見た目は、瞬間カボチャ!?とも思った濃厚マンゴーでオレンジなトロトロ感
香りは、杏仁さ控えめも甘やかさを感じるマンゴー感炸裂
飲み口は、ホップの苦味が控えめで持続性は舌先でやや残るかな。また求めてる甘さはない。そして強烈なマンゴーの果実感炸裂に程よい酸味+杏仁感だが、ジューシーさが思ったより感じれず意外にもドライな後味。飲み後にはマンゴーや杏仁の甘さがなく、ホップ由来かほろ苦さが後追い。ボディはミディアムで濃厚でトロみはあり飲み応えもしっかり。ただ、どうしても甘さのないドライなビール感で残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

ギャップ感じる濃厚マンゴースムージー!?

この「彗星 酒粕スムージー(マンゴー杏仁)」ですが、ホップはアザッカのみを使用し、モルトはピルスナーで酵母はサワーエール。その他原材料にはマンゴーピューレに酒粕、ココナッツミルクに杏仁パウダーを使い醸造された寒菊銘醸酒粕使用の第4弾のスムージーサワーですね。って、前回の“バナナプティング”が第6弾なだけに逆になってしまったのはご愛嬌という事で。今回ももちろんホップを使用されており、前回と違いフルーツはビアっぷる大好きマンゴーを使用。ただ、マンゴーさはもちろん濃厚でしっかり感じれるも、飲み後の甘さなしやホロ苦さからもドライに感じれたのは意外😵。甘めのマンゴースムージーを想像してる方にはギャップをかなり感じると思われます。ジュースやビアカクテル感を感じさせないスムージーの造りには凄く好印象なビアっぷるだが、申し訳ないのがこのリリースが9月上旬で賞味期限が22年11月月30日までのスムージーってかなりギリ💣。ビアっぷるの勝手な拘りだが、バーレーやインペリアルスタウト等以外は“新鮮さを保つべく”早期に飲むのが鉄則と思っている。これだけ日数が過ぎており、少なからず味に影響は出てたかも!?。ただ、ブルワリーさんには申し訳ないな…と思いつつも、ビア仲間も『少し前のだけど…』と。それでもご好意でのプレゼントビールだけに、そこは飲めた事に感謝ですし悪しからずという事で😅。

はい、という事で今回は、千葉県は山武市にある『Kankiku Brewery(寒菊ブルワリー)』さんから「彗星 酒粕スムージー(マンゴー杏仁)」をご紹介しました。甘さ控えめな、ドライマンゴー杏仁スムージー✨🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”という事、そしてまだまだ“嗜好品”という事を基本にクラフトビールを飲んだ後はマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を興味が持てる様にご紹介したいと思っています。因みに自身の舌で感じた事を比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る