【三重】ひみつビール:「ライスハック」を樽で飲みました~

ひみつビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、三重県は伊勢市にある『Himitsu Beer(ひみつビール)』さんから「Rice Hack(ライスハック)」を樽(ドラフト)で飲めましたのでご紹介したいと思います。前回は『Sparkle(スパークル)』のサワーに対して今回は、自家栽培のお米を使用したIPAという事で苦い!?とやや身構えてしまうビアっぷるですが…さて、どんな感じでしょうか😅

ひみつビール(ライスハック)_イメージ1

『Himitsu Beer(ひみつビール)』Rice Hack(ライスハック) 詳細

ビール名:Rice Hack(ライスハック)
ブルワリー名:Himitsu Beer(ひみつビール)
ビアスタイル:ライスIPA
アルコール度数:5.0%
IBU:???
URL:Himitsu Beer(ひみつビール) なし
facebook:Himitsu Beer(ひみつビール) なし

コチラがその「Rice Hack(ライスハック)」のビール画像です。

ひみつビール(ライスハック)_01

「Rice Hack(ライスハック)」飲み応えレビュー

見た目は、凄く奇麗でクリアーな黄金色
香りは、微穀物感があるかな?という程度で弱め
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性も舌先でガスが強め?かピリッとくるくらいでほとんどなし。また求めてる甘さは微あり。そしてかなり控えめなフラワリーっぽさも混ざる不思議なフレーバーと、後追いで優しい米感。飲み後には甘さは感じにくく、温度が上がりちょい苦味UP。ボディはライトで飲みやすい感じも、残念ながら全体的にシンプル過ぎでビアっぷるの好みに至りませんでした💦

IPAさに米さも…

この「Rice Hack(ライスハック)」ですが、今回はホップの種類はわからず。またその他原材料には、毎年作っているという自家栽培の“コシヒカリ”を使用し醸造されたライスIPAとの事。自家栽培の米を使用してるとの事で、過去ライス系のビールは様々なブルワリーさんから多種リリースされているが、最近だと寒菊さんの『99 LAGER(99ラガー)』がしっかり米感も感じれ好印象。ラガーとIPAという違いはあれどそんな中、今回のビールはたっぷり使用したはずの米感がかなり控えめ。また、米由来の甘さも感じにくく、ビアスタイルのIPAさをも感じにくいいだけに全体的に“シンプルで苦味が控えめなIPA”という印象が残った😅。さて、今回で3種類のビールを飲ませて頂きました。好みは人それぞれですが、ビアっぷる的には全体的に派手さが物足りない分シンプルにも感じてしまい好みなビールは見つからず。今後ですが、元伊勢角さんのブルワーさんもいる事もありもし醸造されて且つ飲める機会があればの話だが、やっぱりビアっぷるが好むビアスタイルのヘイジーIPAが飲んでみたい…という事で、リリースされるまで飲ませてもらうのを一時待ってみようかなと思っているビアっぷるでした。

はい、という事で今回は、三重県は伊勢市にある『Himitsu Beer(ひみつビール)』さんから「Rice Hack(ライスハック)」をご紹介しました。今回はライトでIPAながら、苦味はかなり控えめなビール🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”という事、そしてまだまだ“嗜好品”という事を基本にクラフトビールを飲んだ後はマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を興味が持てる様にご紹介したいと思っています。因みに自身の舌で感じた事を比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る