【静岡】ウエストコーストブルーイング:「フレッシュリースクイーズド」を樽で飲んでみました~

ウエストコーストブルーイング(ロゴ)_03new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより「Freshly Squeezed(フレッシュリースクイーズド)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『TDHSSR 2023 First Sunrise Edition(スーパーサンライズ 2023)』でしたが、今回はジューシーダブルIPA。さて、どんな感じでしょうか😄

ウエストコーストブルーイング(フレッシュリースクイーズド)_webフライヤー01

『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』Freshly Squeezed(フレッシュリースクイーズド) 詳細

ビール名:Freshly Squeezed(フレッシュリースクイーズド)
ブルワリー名:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
ビアスタイル:ジューシーダブルIPA
アルコール度数:8.0%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)

コチラが「Freshly Squeezed(フレッシュリースクイーズド)」のビール画像です

ウエストコーストブルーイング(フレッシュリースクイーズド)_01

「Freshly Squeezed(フレッシュリースクイーズド)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある鮮やかで明るめな黄色寄りオレンジ
香りは、フレッシュで爽やかなオレンジっぽさ
飲み口は、ホップの苦味は控えめも持続性はやや舌中で残るかな。また求めてる甘さはない。そして微グラッシーっぽさにグレープフルーツとレモンの柑橘っぽさ。ジューシーさはあるが甘さのない桃っぽさも。飲み後には甘さがなくややドライさも。ボディはミディアム寄りのライトで飲みやすくスッキリ。飲み応えもありバランスの良さも感じれるが、残念ながら好みには至りませんでした💦

フレッシュさがジューシーに、そしてスッキリ

この「Freshly Squeezed(フレッシュリースクイーズド)」ですが、ホップはモザイクとギャラクシーにシトラクライオの3種類。その他原材料には、糖類にラクトースを加え醸造されたジューシーダブルIPAとの事。今年最初に飲ませてもらったWCBさんのビールでしたが、WCBさん好きな方を始め初飲みの方にも好まれそうな飲みやすさで評価の高くなりそうなビール🍺。反面、ビアっぷる的にもモザイクの苦手さは出ておらず、フレッシュさがジューシーにも思えバランスも良く本来であれば好みな域。ただ、WCBさんの国内で元祖ニゴニゴの超濃いヘイジーを醸造開始から飲ませて頂いてると、贅沢と良くない事の紙一重だがこのクオリティでもシンプルに感じてしまう😅。好みは人それぞれだが、ビアっぷるが今求めてしまうのはビールの濃さ、ドリンカビリティさ、特徴があり尖っている等などのビール🍺ですが…言葉は難しいが何か“新鮮さを感じれるビール🍺”が出てくる事を密かに願っているビアっぷるでした。

はい、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより「Freshly Squeezed(フレッシュリースクイーズド)」をご紹介しました。グレープフルーツと桃っぽさをも感じれる飲みやすいジューシーダブルIPA🍺✨。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”という事、そしてまだまだ“嗜好品”という事を基本にクラフトビールを飲んだ後はマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を興味が持てる様にご紹介したいと思っています。因みに自身の舌で感じた事を比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る