【静岡】リパブリュー:「アマリロジョーンズ」を樽で飲んでみました~

リパブリュー(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は沼津市にある『Repubrew(リパブリュー)』さんより「アマリロ・ジョーンズ(~黄金郷に眠るアイダホの秘宝~)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Nangoku Kaiju Spelt Oregon(南国果汁怪獣スペルトオレゴン)』でフルーツウィートでしたが、今回は久し振りのヘイジーIPA🍺。さて、どんな感じでしょうか😄

リパブリュー(アマリロジョーンズ)_イメージ01

『Repubrew(リパブリュー)』アマリロ・ジョーンズ(~黄金郷に眠るアイダホの秘宝~) 詳細

ビール名:アマリロ・ジョーンズ(~黄金郷に眠るアイダホの秘宝~)
ブルワリー:Repubrew(リパブリュー)
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:7.1%
IBU:???
URL:Repubrew(リパブリュー)
facebook:Repubrew(リパブリュー)

こちらが「アマリロ・ジョーンズ(~黄金郷に眠るアイダホの秘宝~)」のビール画像になります。

リパブリュー(アマリロジョーンズ)_01

「アマリロ・ジョーンズ(~黄金郷に眠るアイダホの秘宝~)」飲み応えレビュー

見た目は、理想の濁りある明るめなベージュ寄りの黄色
香りは、控えめなパインさに何か微グラッシーっぽさ?
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性は舌中でやや残る感じかな。また求めてる甘さに近く加糖とは思いにくい甘さがあり。そして微柑橘っぽさにトロピカルさからの嫌味のない微グラッシーっぽさが心地よい。飲み後には甘さを感じつつ、ホップのホロ苦さからの口当たりの滑らかさは好印象。ボディはミディアムで飲みやすく、飲み応えも感じれかなり好みな方のビールでした✨

甘めのヘイジーで全体的バランスが好み!

この「アマリロ・ジョーンズ(~黄金郷に眠るアイダホの秘宝~)」ですが、ホップはビール名からアマリロは使用されてそうだが?他はわからず。またその他原材料も、糖類(マルトデキストリン)を加えた事以外はわからず醸造されたヘイジーIPA。久しぶりにも飲ませてもらったリバブリューさんのヘイジーIPAは、有り難いことにやや甘めに造られた事が功を奏しかなり好印象な味わいでした😍。特に糖類の“マルトデキストリン”を使用してるにも関わらず、苦手さを感じさせない飲みやすさと加糖したとは思いにくい甘さに加え、もう1杯飲めるとも思った程の飲みやすさと飲み応え。ダブルでもトリプルでもないシングルのヘイジーでこの感じは素晴らしかった🍺。ただ…ビールの詳細が以前は公式サイトでも見れてたのに対して今は、登録後のログインをしないと見れない状態に💦。原材料にどんなのを使ってるのかも知りたいビアっぷるには寂しく感じる部分ですが、それでも過去リパブリューさんで飲ませて頂いた中のヘイジーIPAでは1番と思える程のバランス🍺。また、“甘めなヘイジーIPA”がリリースされた際には是非飲ませて頂きたいと思っているビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は静岡県は沼津市にある『Repubrew(リパブリュー)』さんより「アマリロ・ジョーンズ(~黄金郷に眠るアイダホの秘宝~)」をご紹介しました。控えめな甘さと飲みやすさを感じる好バランスなヘイジーIPA✨🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”という事、そしてまだまだ“嗜好品”という事を基本にクラフトビールを飲んだ後はマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を興味が持てる様にご紹介したいと思っています。因みに自身の舌で感じた事を比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る