【静岡】ウエストコーストブルーイング:「DDHSSR 2023ver.」を樽で飲んでみました~

ウエストコーストブルーイング(ロゴ)_03new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより「DDHSSR(ディーディーエイチエスエスアール)2023ver.」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Freestyle Sandbox Vol.3(フリースタイルサンドボックスvol.3)』でしたが、ダブルドライホップのスーパーサンライズ新ver.がリリースされました✨。さて、どんな感じに仕上がってるでしょうか😄

ウエストコーストブルーイング(DDHSSR 2023ver.)_webフライヤー01

『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』DDHSSR(ディーディーエイチエスエスアール)2023ver. 詳細

ビール名:DDHSSR(ディーディーエイチエスエスアール)2023ver.
ブルワリー名:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
ビアスタイル:DDHヘイジートリプルIPA
アルコール度数:9.0%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)

コチラが「DDHSSR(ディーディーエイチエスエスアール)2023ver.」のビール画像です

ウエストコーストブルーイング(DDHSSR 2023ver.)_01

「DDHSSR(ディーディーエイチエスエスアール)2023ver.」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある明るめなオレンジ黄色でベージュさはなし
香りは、桃っぽさも感じるトロピカル感
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性はそこまでなし。また求めてる甘さはない。そしてマンゴーっぽさ+桃っぽさのあるフレーバーから、ジューシーさが思ったほど感じれない。飲み後には温度上昇で加糖っぽい甘さとホップの苦味がややUP。ボディはミディアムでアルコール度数9.0%を思わせない飲みやすさと口当たりの滑らかさはあれど、飲み応えがいま1つ。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

時代の流れで当時の味は…

この「DDHSSR(ディーディーエイチエスエスアール)2023ver.」ですが、ホップはシトラにモザイク、クライオポップにアイダホ7とシトラクライオ、更にアイダホ7のクライオの計6種類を使用。その他原材料には糖類を加え醸造されたダブルドライホップのトリプルヘイジーIPAですね。WCBさんのスーパーサンライズと言えば、『Super Sunrise(スーパーサンライズ) 2019ver.』でビアっぷるが衝撃を受けまくったヘイジーIPAが今でも頭を過る✨。あれから時が過ぎ、今年最初の『TDHSSR 2023 First Sunrise Edition(スーパーサンライズ 2023)』ではグラッシーさが突出で好みに至らず、そして今回は決して苦手ではないがどうも物足りなさを感じてしまった。単にビアっぷるの記憶が美化されたり慣れたりしてしまったのが要因かもしれないが、当時と異なるのは“口当たりの滑らかさ”かな。スルスルと飲めてしまい飲みやすさがUPしたのは事実だが、当時のスーパーサンライズとはビール自体がキレイに出来すぎてる印象が奥深さの物足りなさ繋がってる気がする。ただ、間違いないくWCBさんの技術・ビールの造りが進化してるのは重々感じる反面ビアっぷるの舌の変化や慣れ?、はたまたホップ等など原材料の進化等要因は色々考えられるが…当時のスーパーサンライズの味を造り出すのは難しいのかもしれない。そして好みや感じ方は人それぞれだが、現時点でWCBさんの中で一番好みは『Triple Triple(トリプルトリプル)』と思えるビアっぷるでした。

はい、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより「DDHSSR(ディーディーエイチエスエスアール)2023ver.」をご紹介しました。WCBさん“らしさ”のある口当たり滑らかでブレないヘイジーIPA🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ歴史は浅くとも、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”や“飲んでみないとわからない”を基本に、クラフトビールを飲ませて頂きマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビアスタイル(種類・味)がある事に興味を持てる様ご紹介できればと思っています。因みに自身の舌で感じた事を他人のレビューと比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. みぞのくち醸造所(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、神奈川県は川崎市にある『Mizon…
  2. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は静岡市にある『West C…
  3. イエロービアワークス(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、福島県は福島市にある『Yellow…
ページ上部へ戻る