【静岡】反射炉ビヤ:「木樽の玉響BRUT」を樽で飲んでみました~

反射炉ビヤ(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ』さんから、超限定醸造の「木樽の玉響(たまゆら)BRUT」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。Brut IPAを木樽熟成させたビールという事で、珍しいな…と思いながら飲んでましたが、調べてみると昨年は“好み!”という事で飲んでましたので、今年も期待大ですね!(´∀`)

『反射炉ビヤ』木樽の玉響(たまゆら)BRUT 詳細

反射炉ビヤ(木樽玉響BRUT)_イメージ01

ビール名:木樽の玉響(たまゆら)BRUT
ブルワリー:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)
ビアスタイル:ワイン酵母ビール
アルコール度数:6.0%
IBU:40
URL:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)
facebook:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)

こちらがその「木樽の玉響(たまゆら)BRUT」のビール画像です。

反射炉ビヤ(木樽玉響BRUT)_01

超限定醸造「木樽の玉響(たまゆら)BRUT」飲み応えレビュー

見た目は、クリアな黄金色という感じでしょうか。
香りは、白ワインの様な風味って感じですね。
飲み口は、ホップの苦味はかなり控えめと感じれるも、喉奥でエグみを感じる。そして求めてる甘さは基本的に残糖がないBrutだけに…ないwww。また、りんごの様な風味を感じるところは良かったが、酸味とオーク樽との違和感を感じつつもやはり最後にはエグみがかなり残る。ボディはライトで白ワインの様な感じでドライ。ええ、残念ながら好みではありませんでした^^;

昨年との違いは!?

この「木樽の玉響(たまゆら)BRUT」ですが、ホップはアマリロ、シトラ、シムコー、ヴィックシークレットを使用。その後ワインを醸造されていたオーク樽にて6ヶ月の熟成を経て完成。飲んだ後にふと思いましたが、昨年『玉響(たまゆら)Brut麦酒』とはビール名が違えどホップとかはそこまで変わってないかな?ただ、味は違うな…と感じました。因みにビアっぷるにとっては大きな“甘さ”が全くないんですよね…昨年はBrutながらも予想外に甘さを感じたのだが、今年のはどうも甘さより苦味ではなく“エグみ”が強く出ている印象かな?良く言うと、『大人の白ワイン的なビール』に仕上がってるかな^^;

まぁ、そもそもBrut IPAは残糖が基本的にない中で、更にオーク樽で熟成してもビアっぷるが求めてる甘さが出る可能性は極めて低い。更にオーク樽からのエグみが強めに出てるのだろうが、ビアっぷるが求めているビールの方向性とは明らかに逆のビールですので、甘さを求めてはいけないビールと言ったら全てが終わってしまうのですが、昨年飲んだ身としては甘さがあった分、やはり残念に感じてしまった。

今年の玉響はきっと白ワインを好む方であれば、木樽の風味やエグみを感じながらこのビールは白ワインを感じさせるのにビール!?、という様な感じになりそうかな?facebookには、『1樽200Lのみの超限定銘柄』という事で貴重なビールとの事。貴重なビールを飲めた事には凄く感謝ですしこもクラフトビールの醍醐味。また来年もこの木樽熟成のビールが出てきたら、是非飲んでみたいとも思っています( ´∀`)。

反射炉ビヤさんのタップテイクオーバー

そして話は変わりまして、

反射炉ビヤ×クラフトビアマーケット神保町店(タップテイクオーバー)_イメージ01

神保町のクラフトビアマーケットさんにて、反射炉さんのタップテイクオーバーが開催されてる様ですね。7月4日(土)の15:00~の様で15~20種類のビールと、特別限定醸造ビールもお披露目とのこと。新型コロナの影響で色々と自粛が続いてましたが少しずつビアイベントも含め3密に気をつけて開催されてる感じですね。もしタイミングが合えば、参加できる方は是非参加してみてはいかがでしょうか。

はい、という事で今回は静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ』さんから、超限定醸造の「木樽の玉響(たまゆら)BRUT」をご紹介しました。樽数もすくなくかなり貴重なビールで、白ワイン好む方にはオススメかも。皆さんももし飲める機会があれば是非飲んでみてくださいね! 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事でクラフトビールを飲んだ後は、独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介しています。よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. Marca Brewing(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、大阪は北堀江にある『Marca B…
  2. 南横浜ビール研究所(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は神奈川県横浜市にある『南横浜ビ…
  3. 南信州ビール_ロゴ01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、長野県は上伊那郡にある『南信州ビー…
ページ上部へ戻る