【長野】志賀高原ビール:「ゆるブル Wheat 2023ver.」を樽で飲んでみました~

志賀高原ビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、長野県は下高井郡にある『Shigakogen Beer(志賀高原ビール)』さんより「ゆるブル Wheat(ゆるぶるウィート) 2023ver.」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Snow Monkey IPA 青ラベル(スノーモンキーIPA 青ラベル)』でしたが、今回は以前にも飲ませて頂いてるヘイジーウィートIPA🍺。さて、どんな感じでしょうか😄

志賀高原ビール(ゆるぶるウィート 2023ver.)_イメージ01

『Shigakogen Beer(志賀高原ビール)』ゆるブル Wheat(ゆるぶるウィート) 2023ver. 詳細

ビール名:ゆるブル Wheat(ゆるぶるウィート) 2023ver.
ブルワリー名:Shigakogen Beer(志賀高原ビール)
ビアスタイル:ヘイジーウィートIPA
度数:5.0%
IBU:23
URL:Shigakogen Beer(志賀高原ビール)
facebook:玉村本店

コチラが「ゆるブル Wheat(ゆるぶるウィート) 2023ver.」の画像です。

志賀高原ビール(ゆるぶるウィート 2023ver.)_01

「ゆるブル Wheat(ゆるぶるウィート) 2023ver.」飲み応えレビュー

見た目は、濃く明るめで鮮やかなオレンジ寄りかな
香りは、爽やかなオレンジ柑橘っぽさが主張
飲み口は、ホップの苦味が控えめで持続性はちょいありかな。また求めてる甘さはなし。そして柑橘っぽい感じとかなり控えめな桃っぽさに、小麦由来であろう?ややクセをちょい感じる。飲み後には甘さがなく、ホップの苦味は温度上昇と共にUPも許容範囲内。ボディはライトで飲みやすさは感じるが、ヘイジーさが物足りないのとちょい水っぽく感じる面も。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

今年の方が好み

この「ゆるブル Wheat(ゆるぶるウィート) 2023ver.」ですが、ホップはアメリカンホップを5種類使用。その他には小麦やオーツ麦を使用し醸造されたヘイジーウィートIPAとの事。今回、一口飲ませてもらい“あれ?…以前と違う!?”というのが第一印象。因みに“2022”は飲ませてもらっておらずの『ゆるブルウィート/2021』は飲ませて頂いてます。当時はホップの苦味が強く感じ、小麦由来であろう独特なクセがかなり主張されたのが記憶に残ってます。対して今年は、醸造方法を変更されたおかげか?ホップの苦味はだいぶ控えめで小麦由来であろうクセ感が押さえられた印象。更に“口当たりの滑らかさ+飲みやすさ”から今年の方が俄然好みなビアっぷる✨。まぁ、唯一“水っぽく感じる面”は気になった。もちろん感じ方は人それぞれだが、実際には“水っぽい”とまではいかないのだが…ビールに濃さと1杯で満足を求めるビアっぷるには飲み後にグッと感じれないボディ感に物足りなさを感じてしまっている感じ😅。基本“食中酒”として“食物の邪魔をしない”様に醸造されたビール🍺。ビアっぷるはマリアージュは好まないが、マリアージュを求めてる方にはおそらく相性が良いかもしれません。興味のある方は一度お試しあれ~😄

はい、という事で今回は、長野県は下高井郡にある『Shigakogen Beer(志賀高原ビール)』さんより「ゆるブル Wheat(ゆるぶるウィート) 2023ver.」をご紹介しました。口当たり滑らかさが印象的なヘイジーウィートIPA🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ日本のクラフトビール歴史は浅いが国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。性格的に醸造には丸っきり興味はないが、“好みは人それぞれ・人の舌は十人十色”を基本に飲み手として独自の感想(レビュー)を書かせて頂いてます。1人でも多くの方が国内のクラフトビールも海外と負けてないんだ、そして色々なビアスタイル(種類・味わい)がある事に興味を持って頂ける様ご紹介できればと思っています。長きに渡り毎日欠かさず投稿していますので、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ウエストコーストブルーイング(ロゴ)_05new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は静岡市にある『West C…
  2. デビルクラフトブルワリー(ロゴ)_03new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は東京は品川区にある『Devil…
  3. 反射炉ビヤ(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ…
ページ上部へ戻る