静岡県の『反射炉ビヤ』から「瑞々cy Drop IPA(ジューシードロップIPA)」を樽で飲みました~

反射炉ビヤ ロゴ2

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今年の4月にも「Juicy Drop IPA(ジューシードロップIPA)」を飲んでましてこれは再飲となりますね。
という事で今回は、「Juicy Drop IPA(ジューシードロップIPA)」の第2弾となる静岡県の『反射炉ビヤ』さんから
「瑞々cy Drop IPA(ジューシードロップIPA)」をご紹介したいと思います。

ビール名:瑞々cy Drop IPA(ジューシードロップIPA)
ブルワリー名:反射炉ビヤ
スタイル:ニューイングランドIPA
アルコール度数:5.0%
URL:反射炉ビヤ
facebook:反射炉ビヤ

こちらがその「瑞々cy Drop IPA(ジューシードロップIPA)」画像です。
反射炉ビヤ(瑞々しい Drop IPA)
見た目は以前とそこまで変わらないヘイジー感満載のオレンジ色。
香りはジューシーでスルーティーさんがしかっり出てますね。
飲み口ですが、ジューシー感は前回より少し増してる気はしました。
また、苦みは抑えめで甘味も少し増した様に感じ前回よりは好みではありますが、
やはりビアっぷるの好みまでの甘さにはまだ足りませんでした^^;

前回との醸造での違いは、ホップは前回同様オーストラリアンホップとLate hoppingと、
ドライホッピングとの事ですがホップの仕様比率とタイミングを変えてジューシーさを出すという技術…
ホップの比率を変えれば変化が出るのはともかく、やはり投入のタイミング等でビールが変わるというのは繊細で生き物って感じですね。
はい、ビアっぷるは醸造に興味がないので軽く扱ってしまってますが悪しからずです^^;

また、今回のビール名は一瞬とまどいました(@_@)
以前のビール名は「Juicy Drop IPA(ジューシードロップIPA)」で、
今回は「瑞々cy Drop IPA」という事だが別のビール?と思いきや結果的に、
『瑞々しい(ジューシー)』というネーミングに変更で「瑞々cy Drop IPA(ジューシードロップIPA)」。
シャレっ気たっぷりでビアっぷるはこのネーミングが好みですけどねwww

あ、以前一緒に反射炉ビヤさんに行ったビア仲間とばったり会ったのですが、
その際に「瑞々cy Drop IPA(ジューシードロップIPA)」飲んで!
以前の味とはだいぶ変わってるし、飲みやすいですよ!という事で、
後日『全然違ったし今後も飲みたい!』と好みになったとの事でした(^^ゞ
もちろん前の反射炉ビヤさんのビールを好みな方もいるでしょうし、
今回のビールの方が嫌だな…という方もいるのがこのクラフトビールの良さ。
造り手が変われば味も変わります。ブルワリーさん側ではある種、
味が変わって死活問題の場合もありますがビアっぷる的には大きなプラスでした。

そういえばけやきビール祭り2018には反射炉ビヤさんは参加してなかったが、
静岡でもかなりイベントが行われますからね。今後もどんどん新しいビールに挑戦んして
ビアっぷるの舌も潤して欲しいです!(´▽`)

はい、そんなこんなで今回は『反射炉ビヤ』から「瑞々cy Drop IPA(ジューシードロップIPA)」を紹介しました。
皆さんも機会があれば是非、飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る