【福島】ホップガーデンブルワリー:「いちごとカシスのゴーゼ 2023」を樽で飲んでみました~

ホップジャパン(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、福島県は田村市にある『Hop Garden Brewery(ホップガーデンブルワリー)』さんより「いちごとカシスのゴーゼ 2023」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『あぶくま高原麦酒Weissbier』でしたが、今回は昨年にも飲ませて頂いた同ビールの新バッチとなります✨。さて、どんな感じになってるでしょうか😄

ホップガーデンブルワリー(いちごとカシスのゴーゼ 2023)_イメージ01

『Hop Garden Brewery(ホップガーデンブルワリー)』いちごとカシスのゴーゼ 2023 詳細

ビール名:いちごとカシスのゴーゼ 2023
ブルワリー名:Hop Garden Brewery(ホップガーデンブルワリー)
ビアスタイル:フルーツゴーゼ
アルコール度数:4.5%
IBU:12
URL:Hop Garden Brewery(ホップガーデンブルワリー)
facebook:Hop Japan(ホップジャパン)

こちらがその「いちごとカシスのゴーゼ 2023」のビール画像です。

ホップガーデンブルワリー(いちごとカシスのゴーゼ 2023)_01

いちごとカシスのゴーゼ 2023」飲み応えレビュー

見た目は、ややクリアーなピンクがかった感じ
香りは、優しい爽やかなカシス寄りで心地よい
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性はそこまでなし。また求めてる甘さはない。そしてホップ感がピンとこないが、程よいカシス+いちごさに酸味がキュッとかなり控えめに優しく後追い。飲み後の甘酸っぱさがこれまた飲みやすさを引き立てスイスイ系で、温度上昇でホップの苦味より然程気にならないがややエグみっぽく少し残る程度。ボディはライトで飲みやすくスッキリさっぱり。塩味さをkな地内が、正にこの時期にっぴったりな感じでビアっぷるは好みな方のビールでした✨

ゴーゼってビアスタイルに“塩”は?…

この「いちごとカシスのゴーゼ 2023」ですが、ホップはカスケードとアブクマとベルマの3種類。その他原材料には、大熊町産のいちごと田村市産のカシスに小麦、そして糖類やコリアンダーを加え昨年と同様の原材料で醸造されたフルーツゴーゼ。昨年の『いちごとカシスのゴーゼ/2022ver.』と良い意味でブレさがほぼなく、この時期にぴったりで飲みやすい🍺✨。また、感じ方は人それぞれもこの2023ver.は“カシス7:いちご3”という感じで昨年の“カシス6:いちご4”から少しカシス寄りな印象。特に飲み後の甘酸っぱさが好みな感じでした✨。そんな今回のビールですが、ここからは昨年同様このビールへの疑問を。ビアスタイルはゴーゼ。原材料には“塩”の表記がない。ビアっぷるの勉強不足ないし醸造できないので何ともだが、ゴーゼには塩を使われなくてもゴーゼなのか?💦。理由は全くわからないが、当然ブルワーさんの方がプロだけに何か意図があると思うしかない😅。が…1年過ぎても再度塩の表記がなかった為、疑問がふつふつと。近々知り合いのブルワーさんに聞いてみようと思うビアっぷるです。

はい、という事で福島県は田村市にある『Hop Garden Brewery(ホップガーデンブルワリー)』さんから「いちごとカシスのゴーゼ 2023」をご紹介しました。カシス寄りな優しい酸味と飲みやすいフルーツビール🍺✨。皆さんも機会があったら是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ日本のクラフトビール歴史は浅いが国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。性格的に醸造には丸っきり興味はないが、“好みは人それぞれ・人の舌は十人十色”を基本に飲み手として独自の感想(レビュー)を書かせて頂いてます。1人でも多くの方が国内のクラフトビールも海外と負けてないんだ、そして色々なビアスタイル(種類・味わい)がある事に興味を持って頂ける様ご紹介できればと思っています。長きに渡り毎日欠かさず投稿していますので、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. グランドラインブルーイング(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回はこのブログで初登場のブルワリーさんで…
  2. ブラックタイドブリューイング(ロゴ)_03new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、宮城県は気仙沼市にある『Black…
  3. ティーンエイジブルーイング(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、埼玉県は比企郡にある『Teenag…
ページ上部へ戻る