【北海道】忽布古丹醸造:「トリピカルパレード」を樽で飲んでみました~

忽布古丹醸造(ロゴ)_03new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、北海道は富良野にある『Hop Kotan Brewing(忽布古丹醸造)』さんから「Tripical Parade(トリピカルパレード)」を樽(ドラフト)で飲んだのでご紹介したいと思います。前回は『Harvest Brew 2023 Pilsner(ハーベストブリュー2023ピルスナー)』でしたが、今回は直営店が3周年を記念シて醸造されたビール🍺。さて、どんな感じでしょうか😊

忽布古丹醸造×鬼伝説(トップイメージ)_003new

『Hop Kotan Brewing(忽布古丹醸造)』Tripical Parade(トリピカルパレード) 詳細

ビール名:Tripical Parade(トリピカルパレード)
ブルワリー名:Hop Kotan Brewing(忽布古丹醸造)
ビアタイル:ニューイングランドIPA
アルコール度数:7.5%
IBU:40
URL:Hop Kotan Brewing(忽布古丹醸造)
facebook:Hop Kotan Brewing(忽布古丹醸造)

コチラが「Tripical Parade(トリピカルパレード)」のビール画像です。

忽布古丹醸造(トリピカルパレード)_01

「Tripical Parade(トリピカルパレード)」飲み応えレビュー

見た目は濁りのあるベージュ寄りな黄色
香りは、強めでグッとくるホップ爆弾という感じ
飲み口は、ホップの苦味はややあり持続性は喉奥でジワジワ残る。また求めてる甘さより加糖っぽさあり。そして唸ってしまう苦手なミルキーキャンディっぽさからの、ややピリっとさにグッと感じるホップの苦味。ジューシーさはなく後追いで微グラッシーさも。飲み後の甘やかさと加糖っぽい甘さ、温度上昇でホップの苦味はややUPも許容囲内。ボディはミディアムだがヘヴィまではいかない濃いめ。ドライな感じで飲み応えはあるが、飲みやすさは感じれずやや重め。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

ミルキーキャンディっぽさ再び!?

Tripical Parade(トリピカルパレード)」ですが、直営店である「Tap Room BEER KOTAN」3周年を記念して醸造されたビールですね。ホップはモザイクやストラータにHBC431を少し?、そして富良野産カスケード等などを使用し醸造されたニューイングランドIPAとの事。そんな記念ビールだが、ゴリゴリなホップさを感じるが絶妙な濃さのバランスには好印象。対してその濃さが裏目に出ているのか、ヘイジーIPAに求めたい“ジューシーさ”を感じにくく且つ飲みやすさまでも消えてしまってると思うのはビアっぷるだけだろうか?😅。それと味わいで公式サイトでは“フレーバーでダンクさや草っぽい”の表記。ビアっぷるが苦手なはずのグラッシーさやダンクさは微程度で、何より“ミルキーキャンディーさ”が断然強く感じる。良い意味で拘りを持ち新しい事を取り入れる印象のブルワーさんだけに、国産の原材料を使用し計算されて今回のこの造り。未だにミルキーキャンディさでリリースされるのは、需要がある(売れる)時代なんでしょうね。まぁ、好みは人それぞれですが未だにミルキーキャンディさが好めない…ミルキーキャンディさのないあの時代に戻って欲しいと勝手に願っているビアっぷるでした。

はい、という事で今回は、北海道は富良野にある『Hop Kotan Brewing(忽布古丹醸造)』さんから「Tripical Parade(トリピカルパレード)」をご紹介しました。ゴリゴリホップでもバランスが整った印象のNE🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ日本のクラフトビール歴史は浅いが国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。性格的に醸造には丸っきり興味はないが、“好みは人それぞれ・人の舌は十人十色”を基本に飲み手として独自の感想(レビュー)を書かせて頂いてます。1人でも多くの方が国内のクラフトビールも海外と負けてないんだ、そして色々なビアスタイル(種類・味わい)がある事に興味を持って頂ける様ご紹介できればと思っています。長きに渡り毎日欠かさず投稿していますので、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 奈良醸造ブルーイング(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、奈良県奈良市にある『NARA BR…
  2. ブルークラシック(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、石川県は金沢市にある『Brew C…
  3. ウエストコーストブルーイング(ロゴ)_05new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は静岡市にある『West C…
ページ上部へ戻る